女子中学生がキックで熊を退治

マサカリ担いだ金太郎さんも顔負けの出来事かも。(;^_^A

2008年7月20日(日)午前4時ごろ、北海道目梨郡羅臼町にある羅臼温泉野営場にヒグマが現れ、北海道北見市の女子中学生(12)らが寝ていたテントを襲った。

ヒグマはテントを外から押し続け、中学生が内側からキックで応戦すると、ささやぶに逃げたという。
テントは約50センチ裂けたが、中学生にけがはなかった。

同町などによると、家族5人でキャンプに来た中学生は寝ぼけていて、テントを押すヒグマを妹(10)のいたずらと勘違い。
手で押し返していたが、あまりにしつこいのでキックしたという。

そばにいた母(40)の目には、テントのシートの向こうにヒグマの影が見えていたという。

当時はテント二十数張りに約50人がおり、目撃者もいた。

体重70キロ前後の若いヒグマとみられる。

最初はシカの親子を追っていたが、においをかぐようなしぐさでテントに近づいたという。

若いと人間の怖さを知らず、対処を誤れば非常に危険。

町職員は、「ヒグマだと思って大騒ぎしていれば危ないところだった」と話した。

寝ぼけた女子中学生の日ごろから妹と鍛えあったキック。

そしてヒグマの影を見ながら冷静に我が子の応戦を見ていた母。

二人の無心な行動がキャンプ場を熊被害の惨劇から救ったのだ。

【 2008年7月21日(月) 03時00分 】

ニュース記事

↓北海道 知床国立公園羅臼温泉野営場
http://ksoutdoor.cool.ne.jp/family/camp/hokkaido/rausuonsen/index.htm


いやはや・・・ヾ(;´▽`A``

ちょうど夏休みが始まったばかりで、連休を利用してキャンプに行ったんだろうけどね。

まぁ、クマさんとも仲良く(?)なれたし、いい思い出になったんじゃないかな。(笑)

たまたまキックがクマの鼻っ先に当たったんだろうけど、他のところに当たっていたら逆にクマを怒らせたかもしれない。

それに、クマだと気が付いた母親が叫び声をあげていたら、もっと悲惨なことになってたろうな。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

知らないってことは、時にすごいことだ。


金時山の相撲大会
金時山の相撲大会


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

41G
2008年07月22日 18:44
猫さんは真似したらあかんよ(;,;´_ゝ`;□ヾ(・ω・`。) フキフキ

今朝のみのもんたの朝ズバで熊の食べるもので猪が出ていたけど、北海道には猪おらんはず(・・?
眠り猫
2008年07月22日 21:29
41Gさん 
真似したくても出来ません(;^_^A

へー、北海道にはイノシシっていないんだ。
東北地方にもイノシシはいないらしいしね。
そういや、牡丹鍋(シシ鍋)って関東以南だね。
たぶん、みのさんは関東のクマの食べ物を挙げたんじゃないかな。
まぁ、山はクマをはじめ動物のテリトリーなんだから気をつけないとね。(^_^;)
みさりん♪
2008年07月23日 13:14
いつもどんな姉妹げんかをしてるのよって感じ(笑)
でも、助かってよかったね。
眠り猫
2008年07月23日 16:10
みさりん♪ 
あはっ、普段からプロレスごっこをしてるのかも。 日ごろの特訓の成果かな。(笑)

この記事へのトラックバック