刑務所に入れない殺人犯

アメリカの肥満というと、もはや笑えない社会問題となっていますが、太すぎてどうにもならないというニュースが非常に増えてきました。

殺人を犯した女性があまりに肥満で、刑務所に入れないという事態まで起きています。

むしろどうやって殺人を犯したのか不思議なくらいの肥満ぶりなのです。

SKY NEWS によると、殺人の罪に問われているのは、アメリカ・テキサス州在住のマイラ・リズベス・ロゼールス(27歳)で、2008年3月18日(火)、子守中に甥であるエリシオ・ゴンザレス・ジュニア(2歳)の頭を2度殴って死なせたことで起訴されました。

彼女は、椅子から落ちた彼を抱き上げようとしたときに滑って転び、そのときに右手が当たってしまったと主張していました。

しかし、死亡解剖の結果によると、非常に強い力が繰り返されたことによる打撲で、彼女の言い分では説明がつかない傷であるとの判断が下されました。

ところが、彼女の体重は1000ポンド(約450kg)もあり、刑務所はおろか、裁判所の玄関さえ通り抜け出来なかったのです。

すでに、裁判では陪審員によって殺人罪が確定しています。

彼女が起訴されたときの指紋や写真撮影は家で行われたそうです。

結局、刑務所に拘留させるのは不可能ということで、現在保留の身となっており、医療看護が必要なほど肥満の状態なのだとか。

これだけ太っていれば逃亡の恐れもないでしょうが、しかし刑務所に入れないほど肥満というのも、想定外の事態です。

無理やりつめこんでも、同房の囚人はかなり迷惑しそうですが…。

【 2008年08月24日(日) 21時30分 】

ニュース記事


おいおい、なんだかなぁ。。。;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)

このままずーっと、自宅謹慎になるんでしょうか。

それとも、病院に強制入院させられて、ダイエットを強制されて、痩せたら刑務所入りするんでしょうか。

そりゃあ、痩せたほうが良いとは思うけど、ここまで太っているから刑務所に行かなくて済んでるだよね。

これって、刑務所に行かなくてラッキー♪って言えばいいんでしょうか? (-_-;)


太ったインディアンの警告
太ったインディアンの警告

アメリカのベジタリアンはなぜ太っているのか?
アメリカのベジタリアンはなぜ太っているのか?


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング


追記:
第6回 ブログで宝探しキャンペーン
この記事のトップ画像、ブログタイトルの左にある「宝箱」の画像をクリックしてね。
抽選でプレゼントが選べます。
今日のお宝は「銅」ですね。(⌒▽⌒)b
応募は、BIGLOBE会員に限らず、どなたでも参加できます。
応募期間は、2008年8月21日(木)~2008年9月30日(火)までです。
お早めにどうぞ。

この記事へのコメント

2013年07月29日 17:05
これは妹を庇ってたって事実があったはずですが、修正しないのですか?
妹さんは色んな男と関係を持ち妊娠し、娘や息子を姉に預け遊び歩くを繰り返していました。
姉が警察に真実を告白し、妹は逃亡しましたが捕まりました。

男の子は預ける直前に男の子の母である、妹さんに硬いブラシで思い切り殴りつけられ、それが原因で死亡したんだったと思います。
眠り猫
2013年07月29日 19:40
。さん
そうだったのですか。 それは知りませんでした。
妹が真犯人ということですが、詳しい事情をご存知なら、コメント欄で良いので、教えてくださると幸いです。

この記事へのトラックバック