秘密諜報員!? が「助けてー!!」

アメリカ・テネシー州にあるノックスビル美術館の空調用ダクト内で身動きできなくなっていた男から助けを求める連絡が警察に入った。
画像
そんな場所にいた理由について男は、
「俺はある任務を与えられたからだ」と供述しているという。

美術館の屋根から続くダクト内から救出されたのは、リチャード・アンソニー・スミス(25)。

2008年9月17日(水)未明、携帯電話で警察に助けを求めた。

警察と消防が現場に駆けつけてみると、屋根の上でロープやケーブルを発見。

その先をたどって行ったところ、エアダクトの出口から約45フィート(約14メートル)下で動けなくなっていたスミスを見つけた。

救出された直後、スミスは警官らに「ミッション失敗」と一言。
そして自分の正体、その任務について語り始めた……。

「俺は米イルミナティのシークレットエージェントだ。
バッジ番号は0931。
ヘリコプターから屋根に懸垂下降した。
組織から “旧ソビエト製核弾頭を処理し、押収せよ” との命令を受けてやって来た。
ちなみにこの核弾頭はMERV6SS-22ANと呼ばれるものだ。
情報によると、美術館の地下室に置かれている青い牛の彫刻内部に弾頭が隠されているとのことだった」

スミスの説明はまだ続く。

「ところが任務遂行中に組織から連絡が入った。
核弾頭がこの美術館にあるというのは間違った情報で、ここではなくメンフィス美術館に隠されている可能性が高いと……」

スミスは加重強盗容疑で逮捕された……。

保釈金は2000ドル(約215,000円)に設定され、弁護人は現在のところ見つかっていないという。

ノックスビル警察の広報担当者は、
「とにかくスミスが携帯電話を持っていて良かったです。なければいつ発見されていたか分かりませんからね」とコメントしている。

[アメリカ・テネシー州ノックスビル 2008年09月19日(金) AP]
【 2008年09月20日(土) 】

ニュース記事

イルミナティとは (ウィキペディアより)


本当に秘密諜報員か??

情けない・・・

まぁ、多分、諜報員だと思い込んだ単独の脳内任務だろうけどね。(-_-;)

仮に、本当にイルミナティの構成員だとしたって、こんなアホな捕まり方をする人間には諜報活動なんぞできっこないと思うぞ。(;´艸`)

裁判では公選弁護人が付くんだろうけど、弁護しにくそうだなぁ・・・。


イルミナティ 悪魔の13血流
イルミナティ 悪魔の13血流
~世界を収奪支配する巨大名家の素顔~



↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング


追記:
第6回 ブログで宝探しキャンペーン
この記事のトップ画像、ブログタイトルの左下にある「宝箱」の画像をクリックしてね。
抽選でプレゼントが選べます。
今日のお宝は「銀」ですね。(⌒▽⌒)b
今回で3度目の銀の宝箱の出現です♪ヽ(^o^)丿
応募は、BIGLOBE会員に限らず、どなたでも参加できます。
応募期間は、2008年8月21日(木)~2008年9月30日(火)までです。
お早めにどうぞ。ヽ(^o^)丿

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろ
2008年09月21日 08:00
今だから話しますが・・・
私は月よりの使者で日本の平和を守るために・・・

それにしても例えが古いヽ(`Д´)ノ
眠り猫
2008年09月21日 08:37
そうでしたか。
ひろさんって、実は伝説のかぐや姫だったんですね。
月に代わっておしおきされないよう、頑張ります *(^ω^@)

この記事へのトラックバック