警察が泥棒に「食べたら死ぬで」と警告

泥棒を守るために警察が動くという、前代未聞の出来事です。

ドイツで300キログラムのヘーゼルナッツが盗難されるという事件が発生したが、警察は犯人に対し、同ナッツを食べないよう緊急の警告をした。

ドイツ・ハンブルク警察のスポークスマンによると、盗まれたナッツの袋には保存期間を延ばすため有毒ガスを満たしてあったという。

消費するためには、まずナッツを安全にするための処理が必要。

同スポークスマンは、
「これらのヘーゼルナッツを食べた場合、非常に深刻な健康被害を受ける可能性があるため、われわれは犯人を捜している」とコメント。

その上で袋の中の有毒ガスを吸引した場合、死に至ることもあるとしている。

[ベルリン 2008年10月14日(火) ロイター]
【 2008年10月15日(水) 】

ニュース記事


何とも皮肉な話しだねぇ。


っていうか、そんな有毒なものを食品に使ってたらマズイんじゃないのか。

いくら、最終的に安全な処理をすると言ってもねぇ。。。

日本で、店頭に売っているナッツ類には、炭酸ガスと窒素ガスを混ぜてピーナッツの脂肪の酸化防止に使っていますが、ドイツでは、どんな有毒ガスがナッツを覆っていたんでしょうか。

まさか、サリンとかじゃないよね。(-_-;)

↓酸素の影響を防ぐ「真空包装」と「ガス充填包装」
http://www.jfpi.or.jp/printpia/pack/story02.htm#chapter03

まさかとは思うが、日本でも食品工場に保管しているナッツ類にも同じような毒ガスが使ってあるんじゃ。。。??

だとしたら、もう2度と食べられないぞ。

ナッツは好きなんだがなぁ。。。

ビールの友としては最高なんですよね。(笑) 

日本で流通しているナッツは安全だと思いたいのですが、本当のところはどうなんでしょう。


家庭でできる「農薬・食品添加物」の落とし方
家庭でできる「農薬・食品添加物」の落とし方


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

ひろ
2008年10月16日 09:28
農薬使うのは中国だけとは限りませんからなぁ
米国なんて日本で禁止しているハーベストなんて農薬を力ずくで承認させてレモンを輸出したいきさつもありましたからね
で、当の日本の食材も偽装・改ざんが大流行ですから
自分で畑を耕すしかないようです
眠り猫
2008年10月16日 13:18
“スーパーで売っているものはたぶん大丈夫だろう”なんて思って買って食べてますが、なんの根拠もないんですよね。(滝汗)

最近は、輸入食品だけじゃなく、国産のものも安心できなくなっちゃったからねぇ・・・。
41G
2008年10月16日 18:39
自業自得とはいえ・・・

猫さんとバスデーにナッツで一杯やりたいねえ(*´σー`)エヘヘ
眠り猫
2008年10月16日 19:03
41Gさん 
いいねぇ♪
いろんなナッツ食べてビール飲んで、最高ですな(⌒▽⌒)

この記事へのトラックバック