人肉の味は・・・

どんな味だったのでしょうか?

ドイツの最高裁である連邦憲法裁判所は2008年10月24日(金)、「自分の人生を痕跡なく抹消してほしい」とした被害者を殺害し食べた男に対し、下級裁の判決を支持し終身刑を言い渡した。

被告の男は2001年、インターネット上の掲示板を通じて被害者と接触。

被害者の性器を切断して2人で食べようとする様子や、その後意識をなくした被害者を殺害する様子をビデオに収めていた。

被告は後に、冷凍保存していた被害者の遺体の一部を、キャベツやジャガイモと一緒に食べたとされる。

2006年の公判では、「被害者の希望に沿った行為」とする弁護側の主張に対し、「被告は精神病を病んでいたものの自らの行為を完全に認識していた」との判断がなされていた。

[ドイツ・カールスルーエ 2008年10月24日(金) ロイター]
【 2008年10月26日(日) 】

ニュース記事


ザクロは血の味……。
鬼子母神が人の子を食らわぬよう、赤い果実を捧げましょう。

鬼子母神は、他人の子をさらい食す鬼神でしたが、釈迦によって我が子を失うことの恐れと悲しみを諭され、改心したのちは子供と仏教を護る神となりました。
そして、子どもを食べる代わりに、ザクロの実を食べるようになりました。

一瞬、その鬼子母神を連想しましたが、鬼子母神とは違って、調理して食べたようですね。

人肉って、おいしいのでしょうか?

昔、“美味しいらしい”とも、“不味いらしい”とも、聞いた気がします。

どちらが本当か、確認したくもありませんが。。。(-_-;)

人肉を食べることは、「カニバリズム(英語:Cannibalism)」と言うようです。
「人肉嗜食」と訳するらしいです。

ウィキペディアによると、洋の東西を問わず、世界的にその習慣があったようです。
なので、今は廃れたとはいえ、そんなに珍しいことではないみたいなんです。

カニバリズム (ウィキペディア)

よく赤ちゃんのことを、「食べちゃいたいほど可愛い(⌒▽⌒)」と表現しますが、愛するものが死んだ時や、勇者が死んだ時など、その特性を自分に取り入れ、一体化するために食べることもあったようです。

でも、じゃあ、食べれるかと言われたら、、、

やっぱり、食べませんけどね。

それより、松坂牛の分厚いステーキなぞ食べたいです。(笑)


鬼子母神の掛け軸
鬼子母神の掛け軸


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

ひろ
2008年10月27日 09:59
私は煮ても焼いても喰えないですよ
( ̄ー+ ̄)
眠り猫
2008年10月27日 16:13
じゃあ、うどんの具にして食い・・・
ませんけどね。

この記事へのトラックバック