万聖節夜宴(ハロウィン)

毎年10月31日の日没から翌11月1日の夜明けまでの夜の間が「万聖節夜宴(ハロウィン)」ですが、その由来はどこから来ているのでしょうか。

ハロウィーンの歴史
☆起源は古代宗教
ハロウィーンの起源は2000年以上前にさかのぼる。
古代のヨーロッパのケルト人は、現在の11月1日にあたる日を新年が始まる日として祝い、この祝祭を「サウィン祭」と呼んでいた。
その祭の前夜には、死後の世界へと旅立つ霊が地上をさまよい歩くと考えられていた。
また、妖精や悪霊などさまざまな超自然的存在も家の外を漂うと信じられていた。

☆ケルト人の仮装
アメリカ議会図書館のアメリカ民俗生活センターによると、古代ケルト人はかがり火に集い、家畜を神への生け贄にささげていた。
その最中に霊に取り付かれるのを恐れた彼らは、動物の毛皮を使った衣装を身にまとえば、霊の目をごまかせると考えていたらしい。
また、ケルト人は覆面をかぶったり、顔を黒く塗ったりして、死んだ祖先を演じていたとも言われている。
さらに、若い男性は女装を、女性は男装するという作法もあったようだ。
通常の社会的区分を一時的に打ち壊すためのものだと思われる。

現在のハロウィーンでは、仮装した子どもたちが「トリック・オア・トリート(Trick or Treat:お菓子をくれないといたずらするぞ)」という決まり文句を言いながら家々を訪ね歩くが、この習慣の原型は、霊に仮装したケルト人が各家を順番に回り、ピエロのようなおどけたパフォーマンスをして、その見返りに食料や飲み物を受け取っていたことにあるという。
おそらく、このような習慣は、さらに古くから存在する、食料や飲み物を家の外に置いて超自然的存在にささげる風習から発生したと考えられている。

☆キリスト教の影響
その後、キリスト教指導者が古代宗教の祭日を取り込む中で、サウィン祭も変容していく。
7世紀、時のローマ教皇ボニファティウス4世が11月1日を「諸聖人の日(万聖節:All Saints' Day、All Hallows' Day)」と定める勅令を発した。
名前は新しくなったが、サウィン祭の前夜には以前と変わらずかがり火や仮装、行進が行われた。
「諸聖人の日の前夜、オール・ハロウズ・イブ(All Hallows' Eve)」が後に「ハロウィーン(Halloween)」になる。

☆ハロウィーン、アメリカ上陸
その後、ヨーロッパ人移民がハロウィーンをアメリカに持ち込む。
特にアイルランド系の移民がどっと増えた19世紀に、この祝祭は一気に広まった。
アメリカで最初にハロウィーンを公的に祝ったのはミネソタ州アノカ郡だと言われている。
アノカ郡では、1920年からハロウィーンのパレードとかがり火が公式行事として行われている。

現在のハロウィーン
☆ハロウィーン・ビジネス
全米小売業協会(NRF)の統計によると、今年のハロウィーン関連支出は全米で計57億7000万ドルに達すると予測されている。
現在の金融危機にもかかわらず、昨年と同程度か、わずかに上回る可能性もあるという。

《ハロウィーンに関するアメリカ人1人当たりの平均支出》
 ・仮装代: 24ドル17セント
 ・キャンディなどの菓子代: 20ドル39セント
 ・装飾費: 18ドル25セント
 ・メッセージカード代: 3ドル73セント
 ・合計: 66ドル54セント
 (出典:2008年度全米小売業協会調査)

☆2008年度ハロウィーン仮装トップ5
NRFは2008年度のアメリカ人のハロウィーン仮装についても調査している。
調査の対象には大人も含まれており、今年のハロウィーンで仮装を行う予定の成人は5200万人で、この数字は年々増える傾向にある。
ハロウィン用 ウイッチコスチューム(大人用)
《大人に人気の仮装トップ5》
 1. 魔女 (14.9%)
 2. 海賊 (4.4%)
 3. 吸血鬼 (3.3%)
 4. ネコ (2.5%)
 5.(同率) 妖精、看護師(1.7%)

《子どもに人気の仮装トップ5》
 1. お姫さま (10.5%)
 2. 魔女 (3.9%)
 3. シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ (3.7%)
 4. スパイダーマン (3.5%)
 5. 海賊 (3.3%)

☆お菓子の嵐
アメリカ国勢調査局の統計によると、通常「トリック・オア・トリート」を行うとされる5~13歳の子どもは全米で3600万人に上る。
また、2007年の1年間でアメリカ人は1人当たり平均で11キロのキャンディを消費しており、そのうちの大部分がハロウィーン・シーズンに集中しているという。

☆お化けカボチャ
アメリカのカボチャ生産の中心地はイリノイ州で、カボチャ原産地の中央アメリカから遠く離れた気温の低いこの地で全米の90%以上が生産されている。
アメリカ農務省(USDA)の統計によると、2007年度のカボチャの生産量はアメリカ全土で約5億キロ、出荷額は約1億1700万ドルである。
現在最も大きなカボチャの世界記録は766キロで、2007年にロードアイランド州で収穫されている。

【 2008年10月27日(月) 】

ニュース記事


『その祭の前夜には、死後の世界へと旅立つ霊が地上をさまよい歩くと考えられていた。
また、妖精や悪霊などさまざまな超自然的存在も家の外を漂うと信じられていた。』

ってことは、ハロウィンって、日本のお盆に相当するものだったのか。
1年の変わり目は日本でも一晩中起きているけど、ケルトの民の新年のお祭りが世界的に広まっちゃうなんてすごいねぇ

ちなみに このジャック・オー・ランタン(Jack-o'-Lantern)の由来は、アイルランドに伝わる民間伝承が元になっているようです。

怠け者だがズル賢い農夫のジャックは、十字架を使って悪魔を罠に仕掛け、自分を地獄に落とさないと約束するまで罠の中に閉じ込めた。
悪魔はやむなく約束し、ジャックは死んでも地獄へ落ちない身となった。

やがて時が経ち、ジャックは亡くなった。
魂となったジャックは天国へ向かったが、生前は怠け者でズルいことばかりしていたジャックは天国へ入ることを許されなかった。
困ったジャックは仕方なく地獄へ入れてもらいにいったが、悪魔と昔交わした約束のせいで地獄にすら拒絶されてしまう。

天国へも地獄へも入れないジャックは、この世とあの世の境目に取り残されてしまった。
そこは光がない真っ暗な世界。

ジャックは悪魔から地獄の石炭のかけらをもらい、それをカブの中に入れてランタン(ちょうちん)代わりとし、一人あてもなく彷徨い歩くのだった。

カブのランタンはアメリカでカボチャのランタンに置き換えられ、ハロウィンに欠かせないシンボルとして今日まで定着しています。

世界の民謡・童謡 <季節・イベント>より

なんかとても悲しい物語ですが、ジャックはいまも天国と地獄の間を彷徨っているのでしょうか。
せめて、その道すがらが少しでも明るくなりますように。


ハロウィン用 おばけかぼちゃのキャンドル(2個セット)


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック