これのどこが子ネコなんだー!

警察官も大変だ

アメリカ・ワイオミング州キャスパーでのこと。

「キャスパーに住むベバリー・フードさん宅から『子ネコ』を追い払え」との指令を受けた時、警察官のマイク・エイブルマンは “たいしたことはない” と考えていた。
画像
が、フードさんの家の中に入ってビックリ仰天。

慌てて、隠れ場所を探した。

そこにいたのは、ただのネコではなく、体重が40キロはあろうかというオスのピューマだったのだ。

ピューマがベランダで寝そべっているのを見つけたとき、フードさんは自宅にいた。

ピューマはフードさんにうなり声を上げて威嚇したが、怖くはなかったという。

フードさんはすぐに911番、動物管理局、それにワイオミング狩猟釣魚局に通報。

フードさんは「厄介な大きなネコがいる」と通報したが、通信指令部員がこれを飼いネコと誤解したのだ。

猟区管理人がピューマを麻酔銃で鎮静化し、別の場所に移したという。

[アメリカ・ワイオミング州キャスパー 2008年10月01日(水) AP]
【 2008年10月02日(木) 】

ニュース記事


仔猫かと思って行ったら、とてつもない大きさの猫だったってか。

そもそも、「大きなネコ」だと通報を受けてたんだけどね。

まぁ、ピューマだって、大きな猫には違いない。

違いないけど・・・。 |||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

こんな、おっきな猫だったら、いくら警察官だって怖いわな。


ピューマのフィギィア
ピューマのフィギィア


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

ひろ
2008年10月03日 12:06
大酒飲んで寝そべる大トラも厄介ですよ
眠り猫
2008年10月03日 15:47
ひろさん 
しかも、道路に寝転んでる大トラは迷惑この上ないですよね。
アルコールは他人に迷惑を掛けない程度に、楽しく飲みましょう。

この記事へのトラックバック