三浦元社長がロスの留置場で自殺

今年の3月にアメリカ自治領のサイパンで、「ロス疑惑」の三浦和義が逮捕され、半年経ってようやくロサンゼルスに移送された直後の出来事でした。

アメリカ・ロサンゼルスの日本総領事館によると、1981年のロス銃撃事件で殺人と共謀の容疑でアメリカ・ロサンゼルス市警に逮捕された元輸入雑貨販売会社社長、三浦和義容疑者(61)=日本では無罪確定=が2008年10月10日(金)午後9時45分(日本時間2008年10月11日(土)午後1時45分)ごろ、ロサンゼルス市警本部の留置場の独房でTシャツ姿で首をつっているのを係官に発見された。

搬送先の病院で死亡が確認された。

元社長は2008年10月10日(金)朝、アメリカ自治領サイパンから航空機でアメリカ・ロサンゼルス市警のジャクソン捜査官らに付き添われ、「因縁の地」ロスへ身柄を移送されたばかり。

元社長の死で、共謀罪での審理を前に、訴追手続きは停止されるとみられる。
ロサンゼルス市警と元社長の対決は第2幕に入らず、終えることになる。

元社長は移送後の2008年10月10日(金)午前、ロサンゼルス市警から総領事館へ電話し、総領事館職員との面会を要請。
留置場で会った領事に対し「元気だ」と伝えていた。

元社長は2008年10月14日(火)に容疑事実の認否などのため、ロス郡地裁に出廷する予定だった。
ロサンゼルス市警は記者会見を開く予定だ。

事件は、日本で2003年に無罪が確定した元社長が発生から約27年後の2008年2月、旅行先のサイパン滞在中、ロサンゼルス市警が1988年に取っていた逮捕状で逮捕され、米国で再び訴追手続きが進むという異例の展開を見せた。

元社長は1981年、滞在先のロスで妻の三浦一美さん(当時28歳)を銃撃させ、死なせたとして日米両捜査当局に殺人容疑などで捜査された。

元社長は一貫して無罪を主張。
同じ事件で再び罪に問うことを禁じる「一事不再理」を主張し、サイパンで人身保護請求を申し立てたが、現地の地裁はこれを棄却。

ロス郡地裁も2008年9月、殺人容疑の逮捕状は無効としながら、殺人の共謀罪での訴追続行を認めた。

また、ロス郡地裁に求めていた逮捕状取り消しも実現せず、元社長は拒んでいたロサンゼルス移送に同意した。

ロサンゼルス市警に到着した際、元社長は付き添っていた捜査官に対し、「とても疲れた」と話していたということだが、その一方で、自ら総領事館に電話で連絡を取り、領事の面会を求め、食事の内容など留置場の中での待遇について要望を伝えていた。

自殺や、トラブルのおそれがある収容者に対しては、24時間の監視態勢がとられるはずだが、三浦元社長がどのような取り扱いを受けていたのかは明らかになっていない。

いずれにせよ、「Tシャツで首を吊ったようだ」(関係者)という状況は、ロサンゼルス市警の失態以外のなにものでもないだろう。


ことば:ロス事件
1981年8月、三浦和義元社長の妻・一美さんが、滞在先のアメリカ・ロサンゼルス市のホテルの自室で何者かにハンマーで頭を殴られ、けがをした。
3ヶ月後、同じロサンゼルス市内で夫妻が銃撃され、三浦元社長は左足に重傷を負い、一美さんは頭に銃弾を受けて約1年後に死亡。
週刊文春が一連の事件を「疑惑の銃弾」として連載し、疑惑が浮上した。

殴打事件では1985年9月、三浦元社長は保険金目当てで実行を依頼した元女優とともに逮捕され、懲役6年の実刑が確定。
銃撃事件では、実行役とされた駐車場経営会社社長とともに1988年10月に逮捕され、1審で無期懲役の判決を受けたが、東京高裁で逆転無罪。
最高裁が検察の上告を棄却し、2003年3月に無罪が確定した。

【アメリカ・ロサンゼルス 吉富裕倫】
【 2008年10月11日(土) 21時33分 】

ニュース記事
関連ニュース記事 (Google )

↓『 「ロス疑惑」が起きた当時はどんな時代だった?」 』 2008年03月01日(土)
http://nagaraja.at.webry.info/200803/article_1.html


びっくり!w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w

昨日の朝、約半年にわたる長い審議の末、ようやく、ロサンゼルスに移送されることが決まって出発した、というニュースが流れたばかりなのに。

今日は、“無事にロサンゼルスに着いた。これから裁判が始まる。”という記事を書きたかったのですが。。。

そもそも、まだ、殺人罪と共謀罪の両方で裁判が出来るかどうかもわかってなかった。
サイパンでは、殺人罪は無効とされ、共謀罪のみ起訴可能との判断だった。
ロサンゼルスでどう判断されるかは、これから審議するところだったっていうのに。

まさか、こんなことになろうとは・・・。 

今回の自殺で、ロサンゼルス市警の管理体制が問題になるだろうけど、在米の日本領事との会話でも、自殺するような感じではない。
発作的に、着衣を使っての自殺としか思えないなぁ。

昔、事件が起きた当時は、絶対犯人だと思っていたのですが、日本で無罪が確定していたので、アメリカでどう判断されるか、裁判の行く末を見守りたかったのですが、とんだ結末となってしまいました。

本当に何もしてないのに疑惑だけで殺人罪で起訴される可能性が大きいので絶望したのか、あるいは、自分の犯行が明るみに出ることを恐れたのか。

アメリカの捜査当局は、起訴できると思ったからこその逮捕だったんだよね。

しかし、三浦和義がサイパンの拘置所にいる時は、ずっと無罪を主張していたんだけどね。

だもんで、ロサンゼルスの法廷でも、無罪を主張して争うもんだと思ってました。

なのに、被疑者である三浦和義が自殺してしまったので、真実はまるで分からなくなってしまいました。

今回の逮捕に当たって、アメリカ側がどんな新証拠を掴んでいたのか、知りたかったのですが、こうなっては、起訴して争うこともできない。

新証拠も開示されないだろうな。

とっても残念です。 


三浦和義事件 ~もう一つのロス疑惑の真実~
三浦和義事件 ~もう一つのロス疑惑の真実~
【送料無料選択可!】



↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

ひろ
2008年10月12日 10:06
事件そのものよりも話題性ゆえに難しい問題をたくさん抱えてかかえていましたね
マスコミが世間をあおり有罪確定みたいな雰囲気を作り出し、裁判前から異様な空気の中での事件でした
殺人罪に関して無罪だったときのしらけたマスコミの反応は、さすがにバツが悪かったのか冷静なものでした

今回も米国が異なる罪状で起訴していましたが、あれがアメリカでなく中国などの他国だったら日本の司法権の侵害として問題になっていたんじゃないでしょうか?
いまだに米国のやることだったら問題なしに通ること自体が大問題なような気がするんですが・・・
日本政府・マスコミはもとより国民自体の属国意識は根深いのかななんて感じた今日この頃です

事件そのものの真偽よりも事件を通してみるこの国の現状の方に興味を持ちました
眠り猫
2008年10月12日 17:03
確かに当時のマスコミ報道は凄まじいものでしたね。 自分もその尻馬に乗せられていた気もします。

でもって、確かに今回は相手がアメリカだったから、文句が出なかった気がします。

ただ、裁判が開かれていれば、有罪にしろ無罪にしろ、真相に近づけたかもと思うと、残念でなりません。

この記事へのトラックバック