郵便物を溜め込んでいた郵便配達員がヒーローと賞賛

郵便配達員は、文字通り郵便物の配達が仕事です。 
当然配達されなければ、大問題になります。

アメリカのノースキャロライナ州の郵便配達員が、かなり多くの郵便物を配達せずに、自分のガレージに山のように積み上げていたとして逮捕されました。

ところが地元の住民から、クレームは一切出なかったのです。

なぜかというと…

スティーブン・パジェット58歳は、ぽっちゃりした穏やかな配達員でした。

Los Angeles Times によると、糖尿病や心臓病を患う彼は、あまりの郵便物の多さにダイレクトメールだけ排除することにしたそうです。

そして彼は広告や宣伝の手紙だけを仕分け、家のガレージに積んでおきました。

もちろん普通の郵便物はきちんと届けていたので、誰にも気づかれずに7年が過ぎたのです。

もちろん、不達のクレームも1つとしてありませんでした。

逮捕されるきっかけとなったのは、誰かがゴミの中から大量の未配達の手紙を見つけたためでした。

郵便局は地域の住民らに未配達があったことを知らせたのですが、その件に関して住民から帰ってきた回答は1通のみで、それはむしろパジェット氏に感謝の気持ちを示したものだったのです。

その手紙を書いたケナ・レインハートさんは「彼を責めるべきではなく、讃えるべきだ」と書いていたのでした。

そのことを知った他の人たちも彼に同情的で、「むしろいい仕事をしていた」とか、「彼は誰も傷つけてはいない」などの手紙が舞い込み始めたのです。

彼は起訴され、最高5年の禁固刑と25万ドル(約2400万円)の罰金もありえましたが、判事は執行猶予3年、3000ドル(約28.5万円)の罰金、500時間の社会奉仕活動だけとしました。

ただしダイレクトメール協会や郵便局は、当然ながら彼に対して厳しい目で見ているようです。

見つかった多くのダイレクトメールの中には請求書や普通の手紙は一切なかったそうですが、さすがに郵便配達員の仕事は解雇されました。

一般人としては、邪魔なダイレクトメールがフィルタされるのはありがたいと言えますが、費用をかけて送っている企業や、郵便局の信頼問題、経済効果など、やはりプロの仕事として問題があります。

ですが、見事にダイレクトメールだけを分けていたという、ある意味まじめ?な仕事振りは、他にもっと適職があるかもしれません。

【 2008年11月22日(土) 】
【 2008年11月24日(月) 12時45分 】

ニュース記事


思わず、拍手喝采してしまいました。

毎日来るダイレクトメールって、ホント、迷惑以外の何ものでもないし。

>広告や宣伝の手紙だけを仕分け
>不達のクレームも1つとしてありませんでした。

きっと、見事な仕分け振りだったんでしょうね。

7年も誰も気が付かないんだから。

我が家にも毎日、うんざりするほどのダイレクトメールが舞い込みます。

時には、マンションの豪華なパンフレットなどもあります。

が、要らないものなのでゴミ箱に直行するわけですが、資源の無駄使いだと感じています。

個人的には、不要な郵便を配達しない郵便配達人は好きなんですけどね。(⌒▽⌒)v

でも、郵便配達員の仕事は、全ての郵便物をきちんと受取人に配達することが仕事だから、やっぱり、ダイレクトメールとはいえ、未配達ってのは、よろしくないんだろうなぁ。


郵便配達テディベア
郵便配達テディベア


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろ
2008年11月25日 10:13
郵便配達がきたので手を止めて受け取るとダイレクトメールだった
がっかりする瞬間です

でもサラリーマンのころは休日一日つぶしてDMを書いたものです
中には手間をかけて書いたものもあるんですよね

両方の立場があるのでいいとも悪いともいえませんが
プロとしては言語道断の行為ですね
眠り猫
2008年11月25日 14:25
たまに手書きが添えられているダイレクトメールもありますよ。
きっとせっせと書いたんでしょうね。
そういうのも申し訳ないなぁと思いつつ、資源ごみになってます。(;^_^A

この記事へのトラックバック