アメリカ大統領選の投票日

今日、2008年11月4日(火)は第44代アメリカ合衆国大統領選挙の投票日です。 
この投票日は、「11月の第1月曜日の翌日の火曜日」と決められているようですが、なぜなのでしょうか。 

アメリカ合衆国大統領選の投票日は米連邦法で、「11月の第1月曜日の翌日の火曜日」と規定されている。

この規定が設けられたのは1845年、第11代ポーク大統領のときだ。
当時の米国は農耕が中心の社会だった。
11月初めは、農作物の収穫も終わり、大半の州では天候も、冬季の厳しい風雪の訪れを前に比較的穏やかだった。
有権者が投票のため移動するのに適した時期と考えられたのだ。

当時の移動手段は馬車が中心で、多くの有権者にとり投票所への移動は1日かがりだった。
しかし、日曜日はキリスト教信者には教会の礼拝の日。
そこで月曜日を移動日とし、火曜日を投票日と決めた。

「第1月曜日の翌日の火曜日」とは、第1火曜日のことだが、なぜこんな回りくどい言いまわしなのか。
それはひとつには、ローマ・カトリック教会の重要な祝日、諸聖徒日(オール・セインツ・デイ)の11月1日が第1火曜日の場合は投票日と重なることから、これを避けるためだった。
また、商人が前月の帳簿をつけるのが1日だったので、前月の業績の善しあしが投票に影響することを避ける配慮もあったという。

投票日が定まるまでには曲折もあった。
1787年に成立した米合衆国憲法には投票日を特定する条文がない。
1789年にジョージ・ワシントンが初代大統領に就任したときは、大統領を選ぶ各州の選挙人が1月7日に選出され、2月4日に選挙人が集まり大統領を選出した。

1792年の連邦法では、選挙人が集合し正副大統領を選出する12月の第1水曜日から逆算して34日以内に、各州が一般投票を実施するよう定めた。
事実上、11月が投票期間となったが、投票日は年により、州によって異なった。
だが、先に実施した州の投票結果が、その後の他州の投票に影響することへの懸念から、投票日を全国で同じ日とした。

また、選挙人が行う選挙期日は12月の第2水曜日の次の月曜日で、州都に集まり投票する。
投票は封印され、上院議長に届けられる。
翌年の1月6日に上下両院議員の前で開封され大統領選挙が終結する。
※大統領の就任式は1月20日の正午に行われる。

【 2008年11月03日(月) 17時38分 】

ニュース記事


へー、ちゃんと法律でいつ選挙するのか決められているんですね。

こんなにきっちりと規定されていると、日本の総理大臣みたいに「やーめた」って勝手に辞任したり、勝手に総選挙をすることは出来ないな。

今回の選挙戦を見ていても、本選挙の2年も前から始まっているから、立候補する人たちはかなりの資金を集めなきゃならない。
大変だよね。(´-ω-`;)ゞポリポリ

バラック・フセイン・オバマ・ジュニア(Barack Hussein Obama, Jr. 1961年8月4日生まれ )氏は、はたしてアメリカ史上初の黒人大統領となれるでしょうか。

それとも、やはり白人のマケイン氏か。

はたして軍配はどちらに上がるのでしょうか。

ただ、マイノリティであるアフリカ系アメリカ人(黒人)のオバマ氏が大統領になると、白人至上主義(K.K.K.など)の人たちが反発するだろうなぁ。 (´-ω-`;)ゞポリポリ

ドラマの「 24 -TWENTY FOUR-」では、黒人俳優のデニス・ヘイスバート氏が演じるディヴィッド・パーマーが、第2シーズンから第5シーズンまで大統領になっている。
(第1シーズンでは上院議員)
デイビッド・パーマー (ウィキペディアより)

その後、弟のウェイン・パーマー(俳優:D・B・ウッドサイド)が第6シーズンで大統領となっている。
ウェイン・パーマー (ウィキペディアより)

ドラマに黒人大統領が描かれたということは、アメリカ国民の潜在的意識下で黒人大統領を受け入れる下地ができたということなんでしょう。
で、ドラマに描かれたことで、顕在化したかもしれませんね。

はたして結果はいかに? 


マイ・ドリーム ~バラク・オバマ自伝~
マイ・ドリーム ~バラク・オバマ自伝~

バラク・オバマの軌跡 ~アメリカが選んだ男~
バラク・オバマの軌跡 ~アメリカが選んだ男~

合衆国再生 ~大いなる希望を抱いて~
合衆国再生 ~大いなる希望を抱いて~

オバマ語録
オバマ語録


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろ
2008年11月04日 08:38
「第一月曜日の翌日の火曜日の大安の五十日(ごとび)」
日本はこれで行きましょう\(^o^)/

滅多にこないだろうから麻生さん喜ぶだろうな(笑
眠り猫
2008年11月04日 16:23
それいいかも
江戸時代には五十日(ごとび)の翌日は休みだったらしいですが、それを選挙の投票日にするって面白いアイディアですね♪

この記事へのトラックバック