「警察が作った偽札」流通!

とんでもない大失態を演じた警察! 

ソウル市内のパン屋の女性店長(39)が誘拐された事件で、犯人側に渡す身代金として警察が用意した偽札が市中に出回り、大騒ぎになっている。

承認なしに紙幣を勝手に偽造された韓国銀行側は当惑し、警察側は「類がない」と対処に苦慮している様子だ。

事件は2009年2月11日(水)夜、韓国のソウルで起きた。

店じまいをしていた女性店長が2人組の男に誘拐され、犯人は店長の夫に身代金7000万ウォン(440万円)を要求した。

通報で警察も捜査を始め、身代金用などに保管していた12億ウォン(7600万円)分の偽造紙幣のうち、ニセの1万ウォン札7000枚分を利用することになった。

“身代金”を入れたカバンにGPS(衛星利用測位システム)を装着し、受け渡し現場には48人の警察官を配置した。

“身代金”と引き換えに女性は解放されたが、偽札を持ってオートバイで逃走する犯人を追跡中に取り逃がしてしまった。

犯人は17日(火)になって、偽札に気付いたらしく、身代金のうち700万ウォン分の偽札を使い、ソウル市内のバイク店で中古バイクを購入。
その後、別の中古バイク店で「資金が急に必要になったので処分したい」とバイクを売り払い、現金400万ウォンを受け取った。

偽札を使われたバイク店の店員によると、偽札は100枚ずつ帯封がされ、銀行の封筒に入っており、銀行から引き出してきたように見えたという。

事件を受け、被害を受けた店側の損害賠償問題が議論の的になっている。
国家機関が作った偽紙幣での被害の前例がないからだ。

犯人の1人は偽札を持ったまま今も逃走中。

警察側はこれ以上偽札を使われないよう、犯罪者の人権擁護のため通常は非公表にしている犯人の顔写真まで公開して行方を追っている。

【 2009年02月21日(土) 17時08分 】

ニュース記事


ビックリ!!

警察が偽札を作って、それが流通しちゃうなんて。。。

それでも、誘拐犯人を一網打尽にしたなら問題なかったかもしれないけど、取り逃がしちゃったからねぇ。。。(爆)

日本ではお札をコピーするだけでも犯罪なのに、韓国では違うのかね。

それとも、警察が作るから構わないとか?

まあ、「被害を受けた店側の損害賠償」は、警察が責任を持って賠償しなきゃね。

そもそも、警察が偽札を作らなきゃ起こり得なかったことだもんね。


20万円札束扇子 「至宝の風」
20万円札束扇子 「至宝の風」



↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング



追記:
第7回 ブログで宝探しキャンペーン
この記事のトップ画像、ブログタイトルの右下にある「宝箱」の画像をクリックしてね。
今日のお宝は「銅」ですね。(⌒▽⌒)b
応募は、BIGLOBE会員に限らず、どなたでも参加できます。
応募期間は、2009年2月19日(木)~ 2009年3月31日(火)までです。
お早めにどうぞ。ヽ(^o^)丿

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

ひろ
2009年02月22日 08:12
警察の忘年会の予算が足りないとき便利ですね(笑
眠り猫
2009年02月22日 12:23
最強の通貨偽造団だなぁ(笑)

この記事へのトラックバック

  • お宝マーク出現ブログをご紹介!

    Excerpt: 今回は、「第7回ブログで宝探しキャンペーン」のお宝マーク出現ブログをご紹介します Weblog: お宝発掘!『金・銀・銅』 racked: 2009-03-02 16:15