世界一爪の長い女性、事故で爪が折れる

2007年版のギネスブックに世界一だと認定された、貴重な爪がなくなってしまいました。
画像
2009年2月10日(火)、ギネスブックに「世界一長い爪の人物」として記載されていたアメリカ西部のユタ州ソルトレークシティー在住のリー・レドモンドさんが交通事故に遭い、その爪が折れてしまった。

レドモンドさんは大けがを負ったが、命に別状はないという。

レドモンドさんは1979年以来爪を切ったことがなく、2008年はすべての爪の合計が長さ約8メートル50センチとなり、最も長い右手親指の爪は約89センチにまで達した。

爪を切ったら1万ドル(約91万円)を出すという、日本のテレビ番組の申し出を断ったこともあったという。

この事故でレドモンドさんはSUV車から放り出され、重傷を負って病院に搬送されたと報じられている。

レドモンドさんが車を運転していたかどうかは不明。

なお、折れた爪の本数も不明です。

【 2009年02月13日(金) 12時04分 】

ニュース記事

関連記事
↓「世界一長いつめ」でギネス認定   2006年09月30日(土)
http://nagaraja.at.webry.info/200609/article_28.html


2006年には10本の合計が7メートル51センチだったのが、8メートル50センチになったのか。
爪って、2年で1メートルも伸びるものなのね。

でも確か2006年の時に、「アルツハイマー病の夫の看病をしているため、11月につめを切るつもりだ」と言っていたはずだけど、結局、切らなかったのか。

でも残念だなぁ。。。

そりゃあ生きていて良かったとは思うけど、ここまで伸ばした爪だもの。
本人はショックだろうな。。。

事故で爪が折れちゃうくらいだったら、“爪を切ったら1万ドル(約91万円)を出すと”いう、日本のテレビ番組の申し出を受けてたほうが良かったかも?


ネイルケアセット ホームケア7点
ネイルケアセット ホームケア7点
おうちでサロンのお手入れが出来る!



↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

ひろ
2009年02月15日 16:30
いまごろさぞかし気持ちよく頭を掻いておられることでしょう
(´~`ヾ) ポリポリ・・・
眠り猫
2009年02月15日 22:29
ケンカで相手を引っ掻くことは無理になったかも?

この記事へのトラックバック