懐かしの「ザ・ベストテン」がCDに

往年の歌番組「ザ・ベストテン」がCDになりました。

タレントの黒柳徹子(75)と久米宏(64)の司会コンビで最高視聴率41.9%を記録した伝説の音楽番組「ザ・ベストテン」がCDでよみがえった。

2009年4月22日(水)に発売され、6枚に100曲以上を収録する豪華盤だ。

放送を開始した1978年から8年間の年間1位を網羅。

2人のオープニングコールや順位発表の効果音も聴け、あなたを昭和50年代にタイムスリップさせる!!

毎週木曜夜9時は、必ずテレビの前に陣取っていた。
あの名曲、名フレーズは今も耳に残る-。

1978(昭和53)年1月19日(木)から1989(平成元)年9月28日(木)まで放送され、最高視聴率41.9%、オンエア回数603回、出場歌手は400組。
お化け番組の異名を取った「ザ・ベストテン」が、コンピレーションアルバムとなって帰ってくる。

“復刻盤”は、黒柳と当時TBS局アナだった久米が司会を担当していた1978年(昭和53年)~1985年(昭和60年)のヒット曲を、オリジナル音源でコンセプト別に6枚に分けて収録(各2500円)。

8年間の年間1位を網羅しており、その曲数は109曲に及ぶ。

さらに、司会の2人がオープニングで「ザ・ベストテン!!」とコールする掛け声や、ランキングボードがパタパタとめくれる効果音まで再現。

当時の音楽番組としては画期的で、莫大な制作費を投じて作られた、スタジオセットの美術デッサン画も初公開される。

同番組のコンピ盤化は多くのレコード会社が何度も企画を立てたが、TBS側は“門外不出”として許諾しなかった。

だが、放送開始30周年を迎えた昨年末に、番組プロデューサーだった山田修爾氏(63)が著書「ザ・ベストテン」を出版。
その歴史を綴ったことで、CD化も実現した。

ようやく認可のおりた逸品は、レコード会社の枠を越えて制作された。
1. ソニー・ミュージックが「1978年~1979年編」、
2. ブレーク前の注目曲を紹介した人気コーナーの「スポットライト編」、
3. ユニバーサルミュージックが「1980年~1981年編」、
4. ビクターエンターテインメントが「1982年~1983年編」、
5. ポニーキャニオンが「1984年~1985年編」、
6. コロムビアが演歌を中心とした「歌謡曲編」
の6枚を発売。 (各2,500円)

制作サイドは、
「伝説の偉大な音楽番組を冠してのCDですので、当時を懐かしんでもらえるように作り込んでいます」と意気込んでいる。

30歳~50歳代には待望のコンピアルバム誕生だ。

【 2009年04月21日(火) 】

ニュース記事


いやぁー なつかしいなぁ

この時代にはたくさんの歌番組があったねぇ♪

なかでも、「ザ・ベストテン」はヒット番組だった。

自分も子供の頃は毎週見たたもの。

でもって、テレビを見ながら一緒に歌ったり、振付を覚えたりしてたなぁ。。。

特に、ピンク・レディーやゴダイゴ、西城秀樹なんかを一生懸命覚えたりしてた。

今でも、カラオケに行くと、この頃に覚えた歌を歌ったりしているし。(笑)


最近は「ザ・ベストテン」みたいな歌番組がないから、どんな曲が流行っているのか、よく分からなくなった。

またこんな番組が復活してくれないかしらん。


ザ・ベストテン 1978年~1979年編
ザ・ベストテン 1978年~1979年編

ザ・ベストテン 歌謡曲編
ザ・ベストテン 歌謡曲編

ザ・ベストテン スポットライト編
ザ・ベストテン スポットライト編


そのほかの「ザ・ベストテン」関連はこちらから



↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

ひろ
2009年04月23日 12:08
順位が発表されて
久米宏が「もうしわけございません」
ってやったら臨場感あるでしょうね(笑
ベストテンのうち3~4曲がなかったときもありましたからね
眠り猫
2009年04月23日 15:38
そうそう、そんな時の黒柳徹子と久米宏の掛け合いは、ちょっとした漫才みたいで楽しかったよね♪

この記事へのトラックバック