ウイルス対策をやりたがらない人って・・・

ウイルス対策ソフトを使っていますか?
画像


情報処理推進機構(IPA)は2009年8月5日、2009年7月のウイルス・不正アクセスの届出状況や相談件数を発表した。

2009年7月のウイルス検出数は約8万個で、2009年6月の約8万7000個から14%減少した。
検出数の1位は「W32/Netsky」の約6万9000個、
2位は「W32/Mydoom」の約3600個、
3位は「W32/Mytob」の約3200個だった。
画像


検出数の月別推移を見ると、2007年11月には約60万個に達していたが、2008年には20万個台の前後を推移するようになり、2009年前半は10万個台、6月・7月は10万個を切るなど、ここ2年間は大きく見て減少傾向が続いている。
画像


不正アクセスの届出件数は14件で、そのうち何らかの被害があったものは6件。
不正アクセスに関連した相談件数は24件(うち2件は届出件数としてもカウント)で、そのうち何らかの被害のあったものは3件だった。

2009年7月にIPAに寄せられたウイルス・不正アクセス関連の相談件数は1708件。
うち、ワンクリック不正請求に関する相談は657件だった。
ワンクリック不正請求に関する相談は2008年9月に651件に達した後、同年11月・12月には100件台にいったん減少。しかし再び増加傾向にあり、2009年6月に694件と過去最高を記録した。
2009年7月は、これに次いで過去2番目となる。
このほか、「セキュリティ対策ソフトの押し売り」(6件)、「Winny」に関連する相談(6件)などがあった。
画像


IPAでは今回、具体的な相談事例として、
「知人にパソコンのウイルス対策を勧めているが、インストールすると動作が重くなる、お金が掛かる、ウイルスに感染してもパソコン内に重要なデータが無いから問題ないといった理由で、ウイルス対策ソフトすら導入しようとしない。どうやって説得したらよいか」というものを紹介している。

これに対してIPAは、
「ウイルス感染したままパソコンを使っていると、ウイルスが迷惑メールを勝手に送信したり、他のサイトを攻撃したりするなど、加害者になってしまう可能性があります。
その場合、プロバイダから警告が届くことや、一方的に接続を拒否されることがあります。
ネット社会の秩序を正常に保つためには、パソコン利用者一人一人がセキュリティ意識を持ち、適切な対策を実施する必要がある、ということを説得材料にしてみてはいかがでしょうか。
IPA では、対策実施の際に役立つ資料を用意していますので、活用してください。」というアドバイスしている。
(ご参考)
IPA - 対策のしおり シリーズ
http://www.ipa.go.jp/security/antivirus/shiori.html

画像

≪IPAでは、パソコンを家、ウイルス対策ソフトをドアや窓のカギに例えて脆弱性を説明している。
この図では、「MS09-032」の脆弱性についての対応状況を時系列推移で示し、“ゼロデイ攻撃”の恐れがある期間などを説明している ≫

IPAではこのほか、2009年7月にはマイクロソフトやアドビシステムズが公開した脆弱性に関する“ゼロデイ攻撃”が確認されたことを受けて、脆弱性対策の正しい理解を呼びかけている。

セキュリティ修正パッチが提供される前にその脆弱性を悪用する“ゼロデイ攻撃”の対策としては、ベンダーが公開する脆弱性情報を理解し、適切に対応することが重要であると説明。
IPAなどが発信する「緊急対策情報」なども参考にして欲しいとしている。

具体的には、修正パッチがまだ提供されていない場合に、ベンダー側から一時的な回避策が提示されることがあるとしているほか、万が一、具体的な回避策が提示されない場合には、該当するソフトウェアを一時的に使用しないなどの対策が有効としている。

このように、脆弱性に適切に対応するためには、日頃から脆弱性情報を収集することや、併せてウイルス対策ソフトを最新の状態で使用して攻撃を防ぐことも重要だとしている。

【 2009年08月05日(水) 16時19分 】

ニュース記事

↓IPA コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況[2009年7月分]について
http://www.ipa.go.jp/security/txt/2009/08outline.html


ええーーーー!!!

今どき、ウィルス対策ソフトを入れたがらない人がいるなんて、信じられない!!

まぁ、友人にも、パソコンを買ったは良いけど、買って1年も経つのに、ろくに使わない人もいるけどね。
買った当初は箱から出して、1回か2回くらいは触ったらしいんだけど、その後は、ずーっと箱に仕舞ったままらしい。
買った意味ないじゃん!と思うんですけどね。(´-ω-`;)ゞポリポリ
当然、インターネットなぞ、繋いでないし。(笑)
友人の言うことには、職場でパソコン使っているから、家に帰ってまで触りたくないらしい。
それも分かるんだけど、職場と自宅では、使い方がまるで違うんじゃないかと思うんですけどね。
まぁ、そんな友人の自宅用PCにも、PCを買った時点(2008年夏)でウィルス対策ソフト(ウィルスバスター2008)を入れてあります。(その後は更新していない)


身近には、そんな入れたがらない人はいないけど、自分だったら、
・ウィルス対策ソフトを買うお金なんて、1回か2回、飲み屋に行くのを控えればすぐねん出できます。
・それに、最近は動作の軽いのもあるし。
・パソコン内に重要なデータは無いからなんて、じゃあ、友人知人の(年賀状の)住所情報や、通販で買い物した時のクレジットカード情報や通販サイトの会員登録情報はどうでも良い情報なのかな。
・ウィルスに感染したら、全然関係のない他人(公的機関・企業・個人)のパソコンに不正アクセスして侵入する際の踏み台にされるかもよ。その時に表面に出るのは、あなたのPCだから、あなたが逮捕されて刑務所に行く可能性が大きいよ。真犯人はあなたの陰(かげ)に隠れて笑っているかもね。
って、いうかな。

自分自身がたいした情報じゃないと思っていても、悪用したい人から見れば、お宝情報だろうと思うんですけどね。

そりゃあ、ウィルス対策ソフトだって完璧じゃないと思うし、毎年更新するのも面倒かと思うけど、ある意味、保険みたいなものだよね。

PCはあっても、ろくに使ってもいない友人は別にして、インターネットに繋いでいるPCには、ウィルス対策ソフトをぜひとも入れましょう。


ウィルス対策ソフトの ベストセラー・ランキングはこちらから


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろ
2009年08月07日 08:45
家では昔使ってたPCをそのまま使っています
OSはMeなんですけど大手のセキュリティーソフトは対応してないんですよね
マイクロソフトに見捨てられセキュリティーソフトからも相手にされないあわれなOSもあるんですよね

とりあえずフリーソフトでMeに対応しているのがあるのでそれを入れてますけど・・・
眠り猫
2009年08月07日 10:16
Meなんてずい分と貴重なOSを使っているんですね。く("0")>
秋にはWindows7が出てくるようなので、それをきっかけにXPあたりに変えてはいかがでしょう。

この記事へのトラックバック