“人間は早寝早起しにくい生き物”

早起きは苦手なんですが、理由があったみたいです。
画像
明け方にならないと眠れず、朝は目覚まし時計をかけておいても起きられない。
そして、蒲団を出るのはいつも昼過ぎ……。
長い休みの間に生活のリズムが狂ってしまい、休みが終わって学校や仕事が始まっても、元の生活パターンに戻れないことがあります。

そんな人は、「睡眠相後退症候群」という病気かもしれません。
今回は、最近増えてきたこの症候群について、詳しくご紹介します。

周りにこんな人はいませんか?
「睡眠相後退症候群」というのは、「睡眠の時間帯が、好ましい時刻よりも遅い時間帯で、持続して固定されている状態」のことです。

この病気の人は、寝つくのは遅い時刻ですが、毎日ほぼ一定で、いったん寝つくとグッスリ眠ることができます。
睡眠時間は、長めのことが多いようです。
この状態が数ヶ月~数年も続くので、普通の社会生活を送るには、かなりの不都合が生じてしまいます。

残念なことに、遅れた睡眠の時間帯を本人の努力で早めることは、ほとんど不可能です。
入学試験や恋人とのデートがあるときでも、本人の強い意志にもかかわらず、朝、起きることができません。
そのため、朝から予定がある場合には、徹夜して備えることすらよくあります。

無理をして早い時刻に起きると、頭痛や頭が重い、食欲がない、疲れやすい、集中できない、眠いなどの症状が現れます。
しかし、これらは午前中だけのことが多く、普通は昼過ぎにはなくなり、夕方近くなると逆に調子が出てきます。
朝の体調不良が続くと、自信がなくなる、気持ちが落ち込む、ヤル気がなくなるなどの、抑うつ状態になることもあります。

次の項目に当てはまる場合に、睡眠相後退症候群が疑われます。
・十分な努力にもかかわらず、望ましい時刻に寝つくことが困難である
・起きる意志は強いのに、社会生活を送るために必要な時刻に起床できない
・自然に眠りにつくと、睡眠の質は良く、睡眠時間も十分である
・睡眠の時間帯が遅れた状態が、少なくとも1週間以上続いている

努力しても、起きられません!
体内時計がコントロールする生体のリズムは約25時間で、地球の1日である24時間よりも少し長めです。
そのため、睡眠と覚醒のリズムは遅れる方向になりやすく、早める方向にはなりにくい性質があります。
つまり、人間はもともと、夜更かしの朝寝坊にはなりやすいけれど、早寝早起きはしにくいものなのです。

睡眠相後退症候群は、思春期から青年期に発症することが多く見られます。
この病気を持つ人の割合は、日本の高校生を対象とした調査では0.4%、15~59歳の一般市民を対象とした調査で0.13%と、報告されています。
また、アメリカでは、睡眠障害のクリニックを訪れた人の約1割が、この病気と診断されています。

体内時計そのものが故障していたり、体内時計を調整する働きが上手くいかないため、睡眠相後退症候群になると考えられています。
また、この病気の人は睡眠時間が長いことが多く、体内時計をリセットする時間帯に十分な光を浴びられないことも、睡眠時間帯が遅れたままになってしまう原因の1つです。

長い休みの間に昼夜逆転の生活をしていたり、受験勉強のため夜遅くまで起きている生活が続くと、睡眠相後退症候群を発症しやすくなります。
健康な人でも、長期休暇の後には生活のリズムが崩れることがありますが、休み明けには元に戻ります。
しかし、この病気では、睡眠と覚醒のリズムが元に戻らなくなってしまうのです。

不登校や引きこもり、うつ病、統合失調症など、社会との接点が減ったり、十分な太陽の光を浴びない状態でも、同じような症状を起こすことがあります。

また、平均9時間以上の睡眠が必要な長時間睡眠者は、朝に太陽の光を浴びにくいので、体内時計のリセットが起こりにくく、そのため睡眠相が後退してしまうことがあります。

起きる時刻を遅くしていきます
治療が上手くいって睡眠の時間帯が正常になっても、その後、生活習慣が乱れると、元に戻ってしまいます。
そのため、睡眠相後退症候群の治療には、本人の強い意志と周囲の協力が、長期間にわたって必要です。

ここでは、睡眠障害の専門の医療機関 で行われている、主な治療法をご紹介します。

<生活指導>
基本的には、睡眠の環境を整えたり、生活習慣を改善したりすることが大切です。
軽症の場合には、生活指導だけで睡眠の時間帯が、元に戻ることがあります。
・朝、日光を十分浴びる
・目を覚ましたら、朝食を摂る
・日中には、戸外で体を動かす
・夕食後は、アルコールやカフェインを摂らない
・寝つく予定の3時間前から、照明を少し暗くする
・就寝前には、テレビゲームやビデオ鑑賞を避ける

<時間療法>
睡眠相後退症候群の人は、遅くまで起きていることには慣れているので、寝つく時刻をさらに遅らせます。
そして、起床時刻も毎日3時間ずつ遅らせて、1週間ほどで、目標とする起床時刻になるようにします。
望ましい起床時刻になったら、しばらくその状態を保って、習慣化します。
多くの場合、専門の医療機関に入院して治療します。

時間療法はとてもよい方法ですが、効果が1ヶ月くらいしか続かないことがあります。
そのため最近では、次に述べる高照度光療法やメラトニンなどを、組み合わせて治療することが一般的です。

<高照度光療法>
朝、目から入った強い光は、脳の体内時計に作用して、生体のリズムを早める働きがあります。
これを利用して、起床後に1~2時間、2,500~1万ルクスの光を浴びるのが、高照度光療法です。
治療中、ずっと光を見つめている必要はありませんが、1分間に数秒以上は光を見つめないと、十分な効果が得られせん。

<メラトニン>
睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンには、体内時計をコントロールする働きがあります。
薬事法の関係で、日本国内では売られていませんが、個人輸入や海外旅行の際に、手に入れることはできます。
希望する入眠時刻の1~2時間前、あるいは前の夜に寝ついた時刻の4~5時間前に、メラトニン1~3mgを飲みます。
約4割の人に効果があります。

<睡眠薬>
寝つきたい時刻の直前に飲む、という通常の使い方では、ほとんど効果がありません。
睡眠の時間帯を前にずらす働きを期待して、作用時間が短い睡眠薬を、希望する就寝時刻の5時間前に内服します。


休みが終わっても、夜更かしの朝寝坊のパターンがなかなかとれないときには、睡眠相後退症候群かもしれません。
睡眠環境を整えたり、生活習慣を変えても治らない時には、睡眠障害の医療機関 を受診することをお勧めします。

【 2009年08月10日(月) 11時30分 】

ニュース記事

■関連記事
快適な睡眠に効く7つのポイント
あなたもできる! 早起きの習慣化
5分間の二度寝が1日を幸せにする


確かに、宵っ張りの朝寝坊なんだよね~~~(´-ω-`;)ゞポリポリ

学生時代も社会人になってからも、出かける予定のない日は、いつまででも寝ようって気になるし。

いや、社会人になってからのほうが、土日などの休みの日には、昼ごろまで寝ていることが多くなった気がする。

だもんで、月曜の朝に起きるのが大変なんだよね。(;^_^A


>生体のリズムは約25時間で、地球の1日である24時間よりも少し長め
これは聞いたことがある。
なんで25時間なんでしょうか。

>夜更かしの朝寝坊にはなりやすいけれど、早寝早起きはしにくいもの
地球の自転の24時間と同じなら、リズムがずれるなんてことはないだろうに。

いくつかの療法があるみたいですが、これという決め手はなさそうですね。
やっぱり、目覚ましと仲良くするしかないのかな。(^_^;)


高照度光照射装置 Sun Light(サンライト)
高照度光照射装置 Sun Light(サンライト)


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

ひろ
2009年08月11日 02:39
体内時計が一日25時間だということをネタにして書いたこともありました
規則正しい睡眠は自律神経の働きとも大いに関係しリズムが崩れることにより自律神経やホルモン分泌に影響し体調不良を促します

といいながら夜中に酒飲んでコメントしている私は言語道断です(汗
眠り猫
2009年08月11日 03:17
珍しく夜更かしさんですね。(笑)
適度の飲酒だと良く眠れるらしいですが、呑み過ぎると逆に眼が覚めちゃうらしいですよ。
でもついつい、呑んじゃうんだけどね。

この記事へのトラックバック