警察職員が共同で買った宝くじが大当たり!

ハンガリーの首都、ブダペストのブダオルシュという街で、街から警官が一斉にいなくなる事件がありました。

2009年10月13日(火)、ハンガリーで、とある宝くじの当選結果が発表されました。
その額はなんと、ハンガリー史上6番目となる22億フォリント(11億1624万2600円)。

その宝くじを当ててしまったのが、ブダオルシュの警官たちだったのです。
彼らは全員で宝くじを共同購入していました。

当選が分かった瞬間、15人全員が即座に辞職。
街からは警官が一瞬にしていなくなりました。

もちろんほかの地域から代わりの警官が派遣されてきましたが、当然そんなにうまく機能するはずもなく、警察署長は今後のことに頭を痛めているそうです。

だが、本当に悩んでいるのは、この街の住民でしょう。
宝くじの高額当選も良し悪しですね。

【 2009年10月19日(月) 14時00分 】

ニュース記事


注:2006年1月時点でのフルタイム労働者の税引き前平均月収は19万5500フォリント(9万9194円)、税引き後は12万4918フォリント(6万3382円)。
↓参考サイト
http://www.paprika-tsushin.hu/main/200610iroha.html
(ただし、レートは現在のもの)



そりゃあねぇ・・・

仕事なんてやってられませんわな。

警官だから危険手当とかも付くだろうけど、月給は税込みで15万円前後かな。

宝くじの1等が当たって、約11億円を15人で山分けか。

1人あたり、7441万6173円になるね。

当分、遊んで暮らせるし。

自分だって、宝くじの1等が当たれば、やっぱり遊び暮らすほうを選ぶだろうな。

それにしても、1つの街の警察官がみんな辞めちゃったら、治安がとんでもないことになりそうだ。

取り敢えずは応援が来たみたいだけど、無理だろうなぁ。。。

しかしまぁ、社会の治安維持のために警察官になったのじゃないのかね。


宝くじ大当たりの法則
宝くじ大当たりの法則
~高額当せん者11人「秘中の秘告白」と全国激ツキ売り場~




↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

ひろ
2009年10月20日 08:56
11億円ですか・・・
11円を置くんじゃないんですよね

しかし全員退職っていうのはお金だけじゃなしによっぽど不満があったと考えた方が自然だと思うんですけど
眠り猫
2009年10月20日 18:01
職場環境を快適にすれば、もしかしたら戻ってくるかも。。。f(^^; )

この記事へのトラックバック