「トラ」の慣用句って西欧言語にはない?!

今年は、干支(えと)で「寅(とら)年」ですね。

トラは日本に生息したことはありませんが、中国の諺や逸話をもとにした諺や成句、例えば「虎視眈々(たんたん)」、「トラの威を借るキツネ」、「トラは死して皮をとどめ、人は死して名を残す」から卑近の例としては「庶民のトラの子の財産」にいたるまで沢山あります。

画像


ところが西欧語にはトラを使った成語は非常に少ないのです。

古来から「獰猛(どうもう)で残忍な人」の意味では使われていましたが、近年、有名になったものに「張り子のトラ(paper tigers)」があります。

これは、1946年に当時の毛沢東が米国人女性記者に、「すべての反動勢力は“張り子のトラ”で、見かけは怖そうだが実際はそんなに強くない」と述べたことで、世界的にこの慣用句が知られるようになりました。

西欧にトラを使った表現が少ない理由は簡単です。
今でこそ、トラは西欧の主要動物園のどこにでもいますが、トラはもともとアジア大陸の動物で、シベリアから朝鮮半島、中国北部・南部からヒマラヤ南部のインドなどの国々とスマトラ島にだけ生息する動物だからです。

実際、ヨーロッパに初めてトラが持ち込まれたのは、一説によるとインドの使節が初代ローマ皇帝アウグストゥス(在位紀元前27年~紀元14年)にトラを献上したときであったようです。

どうか皆さん、年始の酒で大トラになりませんように。

【 2010年01月03日(日) 07時29分 】

ニュース記事


トラどころか、猫も日本にはもともといなかったらしい、と聞いたことがあります。
仏典が船で運ばれて来た時に、ネズミに食われないように一緒に猫も連れて来たらしいです。
その後、トラの話が伝わって来たらしいのですが、大きな猫のような動物というイメージだったらしく、今から見ると、本当にそんなイメージで描かれているのがたくさんありますね。


上の写真は、時の将軍、足利義満(室町幕府第3代将軍)が一休さんに出した、例の「とんち」のシーンです。
将軍さま「夜な夜な、その絵も虎が屏風から抜け出て困っておるんじゃ。なんとか捕まえてくれんか?」
一休「分かりました。それでは私が捕まえますので、虎を屏風から追い出してください。」
将軍さま「・・・ぎゃふん」
という「屏風の虎退治」で有名なシーンです。

「門松は冥土の旅の一里塚 めでたくもありめでたくもなし」(『狂雲集』)というのも、のちに一休宗純が遺した言葉だそうです。


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

ひろ
2010年01月05日 09:11
> 年始の酒で大トラになりませんように

その前にこの酒樽の中からトラを出してください
もはや手遅れですな^_^;
眠り猫
2010年01月05日 15:46
大トラになると大変なので、なんとか子猫ちゃんになるように手なずけちゃいましょう

この記事へのトラックバック