殺人事件は時効廃止

なんか、バタバタと決まった感がありますが、異例の即日公布・施行で殺人など凶悪犯罪の時効が廃止されました。

殺人罪などの公訴時効の廃止、延長を柱とする改正刑事訴訟法、改正刑法が2010年4月27日、衆議院本会議で採決されて可決、成立した。

公布には通常、約1週間かかるが、持ち回り閣議や官報の特別号外発行で対応、即日施行された。

千葉景子法相が法制審議会に諮問したのは昨年10月。
被害者や遺族らへの配慮もあり、異例のスピード施行となった。
明治以来続いてきた時効の一部が撤廃されることで、刑事政策や司法のあり方が大きく変わる。

改正法は、施行時点で時効未成立の事件にも適用されるため、東京都八王子市のスーパーで1995年に起きた女子高生ら3人射殺事件も対象となる。
また、2010年4月28日午前0時に時効が迫っていた岡山県倉敷市の夫婦殺害事件(1995年に発生)にも適用される。

今回の法改正では、人を死なせた罪のうち、殺人のような最高刑が死刑の罪は時効が廃止され、その他の有期刑の罪はおおむね期間が2倍に延長される。
過去の事件でも時効成立前であれば適用される。

時効が廃止、延長される背景には、凶悪犯罪に対して、厳罰を求める世論の高まりのほか、捜査の技術が進んだことで、古い遺留物など物的証拠の分析精度が高まったことがある。
ただ、証言や供述が時間とともにあいまいになるのは避けられず、冤罪(えんざい)を生む可能性も指摘されている。

時効制度は、犯罪行為が終わってから一定期間が経過すると起訴を認めないとする制度。
時間が経過することで、証拠が散逸して公正な裁判が困難になることや、被害者・遺族の処罰感情の希薄化などが根拠とされてきた。

これまで、2005年の改正刑事訴訟法で、期間は大幅に延長され、殺人など「死刑に当たる罪」は15年から25年となっていた。

【 2010年04月27(火) 23時57分 】

ニュース記事1
画像
衆議院本会議で成立した殺人の公訴時効廃止を柱とする改正刑事訴訟法が2010年4月27日(火)、公布・施行された。
公布には通常約1週間かかり、法案成立当日の施行は極めて異例だ。

2010年4月28日(水)午前0時に、岡山県倉敷市で1995年4月に起きた夫婦殺害事件の時効が迫っており、改正法の対象となるかが焦点になっていた。

公布には閣議や天皇の署名を経た上で、官報を発行しなければならない。
政府は同日午後、持ち回り閣議を開いたほか、官報を「特別号外」で発行する準備を進めた。

当初は2010年4月27日(火)施行の予定はなく、通常の公布手続きであれば、大型連休をはさむため2010年5月10日(月)施行になるはずだった。

だが、成立半日後には倉敷市の事件の時効が迫っていることが分かり、千葉景子法相は先週、2010年4月27日施行が実現可能か検討するよう担当者に指示していた。

法務省は、内閣や官報を発行する国立印刷局に事情を説明し、実現の見通しが立った。

【 2010年04月27日(火) 】

ニュース記事2

改正法施行により、1995年4月28日以降に発生した殺人などの時効が廃止され、警察の捜査が継続される。
傷害致死など人を死亡させたその他の罪は、時効期間が従来の2倍に延長される。

時効までの期間

これまで

時効

罪  名

25年廃止殺人、強盗殺人・強盗致死、強盗強姦(ごうかん)致死、汽車転覆等致死、往来危険による汽車転覆等致死、水道毒物等混入致死、決闘による人の殺害、航空機強取等致死、航行中の航空機の墜落等致死、組織的な殺人、人質殺害、船舶強取・運航支配等致死
15年30年強制わいせつ致死、強姦致死、集団強姦致死
10年20年傷害致死、危険運転致死、逮捕監禁致死
5年10年自動車運転過失致死、業務上過失致死、自殺関与及び同意殺人



>岡山県倉敷市で1995年4月に起きた夫婦殺害事件の時効が迫っており
これがなければ、2010年5月10日(月)の施行だったのか。
だから、バタバタ感があったんだね。

どうせだったら、過去に時効になった事件も含めて欲しかったな。

そうすれば、足利事件(犯人とされた菅家利和さんは最近無罪判決を受けた)の真犯人や時効成立後に自首した犯人も逮捕できるのに。

なかでも、
1978年8月、東京都足立区立中川小学校の女性教諭(当時29歳)を殺害し、自宅の床下に埋めたと、千葉県に住む元警備員の男(68)が2004年8月21日(土)、警視庁綾瀬署に自首した。 自首した当時、時効は15年だった。
この男は刑務官も務めたことがあり、時効のことも熟知していた。
自首したのも、区画整理で死体を埋めた場所が掘り返されると分かったからだった。
そして「時効だから終わったこと」と謝罪も反省もない、とんでもない奴だった。
↓詳しくはこちらへ
足立区の事件ファイル(事件簿)
この男だけは逮捕して罪を償わせて欲しい!
こいつだけは許せない!!


だけど、仕方がないのかもしれない。

現状では、昔の事件を捜査する専従班はないし。。。

アメリカみたいに、未解決凶悪犯罪を捜査する捜査班があればいいのに。

今度はぜひ、そういった専従班を作って欲しいものです。


昭和・平成コールドケース 漫画と重大証言で完全推理!
昭和・平成コールドケース 漫画と重大証言で完全推理!

〈昭和・平成〉9大未解決事件の真犯人!
〈昭和・平成〉9大未解決事件の真犯人!



↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック