人間がPCウイルス感染、現実に

人間がコンピューターウイルスに感染する悲劇が現実に!!

今月半ばにオーストラリアのウーロンゴン大学で開催された「ISTAS 2010」国際シンポジウムにおきまして、イギリスのマーク・ガスソン博士が、コンピューターウイルスに感染してしまった体験をもとに研究発表を行ないました。

画像


人体にICチップ(RFID)を埋め込む事例は、すでに世界でも珍しいケースではなく、マーク・ガスソン博士は右手に埋め込まれたチップ認証により、自分の身体がキーロック解除の入館IDや携帯電話のパスコード入力の役目を果たすようにしつつ、最新技術のフィールドテストを進めてきました。

けれど、ある時、故意に右手のチップをコンピューターウイルスに感染させる実証実験を敢行したところ、ネットワーク上の他のシステムを麻痺させてしまう破壊的な身体になってしまったことを報告しています!

どうやら最近のRFIDはコンピューターさながらの高度な性能を備えるため、そのぶんだけウイルス感染の危険も増してきており、今回は単なるテストで済みましたけど、本当に恐るべきダメージを自分や周囲に与える感染例が懸念されています。
ペースメーカーを埋め込んでいる人なんかにも影響が出るのでは・・・.と心配されてます。

ちなみにマーク・ガスソン博士曰く、体内に埋め込まれたチップも、いつの間にか、自分の身体の一部と感じられるようになるみたいですが、それがウイルス感染していると分かった途端、かなりの違和感を覚えたそうです。

【 2010年06月22日(火) 12時00分 】

ニュース記事

↓BBCニュースの記事 (英語)
http://news.bbc.co.uk/1/hi/technology/10158517.stm


びっくり!!<(°д°;;) >

人間がコンピュータウィルスに感染するだなんて・・・

この場合の対策って、アンチウイルスソフトを服用すればいいんでしょうか


ペースメーカーなどでチップを埋め込んでいる人などは影響がありそうです。

犬や猫などの動物では、迷子札がわりにマイクロチップを埋め込んでいる飼い主が多いようですが、それらにも影響があるかも。


ひょっとして、人体内蔵チップが病気にかかった時のクリニックまで、未来の世界には普通にできていたりして。。。 (´-ω-`;)ゞポリポリ



ウイルス対策・セキュリティソフトはこちらから
ウイルス対策・セキュリティソフトはこちらから


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

ひろ
2010年06月24日 12:14
興味深い現象です
プラシーボ(偽薬)効果の可能性もありますが
その現象の質的な要素が身体に反応することもありえますからね
モーツアルトを聴くと体調がよくなったり、農作物に音楽を聞かせると美味しい果実ができたりするという研究も実際に進んでいます
我々の世界でもそういうことを取り入れてやっている人も少なくありません
眠り猫
2010年06月24日 14:24
植物にモーツアルトを聴かせると元気になってロックだとしおれるっていうのは聞いたことがあります。
あ、じゃあ、ウィルス感染したマイクロチップにもモーツアルトを聴かせたら良いのかも?
人間の身体も電気的な作用で動いているから影響あるかもしれませんよ。
ホンマかいな(*~ρ~)ノ

この記事へのトラックバック