Windows Vista の発売は2007年1月に

画像

2001年11月に WindowsXP が発売されてから、はや5年。
今年の11月に発売予定だった、 Windows Vista (ヴィスタ)の個人向けが、来年の1月に発売延期になった。 (企業向けは11月に発売予定)
ニュース記事
ニュース記事

次回のベータ版ではかなり完成するらしいが、完璧を期したいらしい。
 『パソコン内の保存情報を見つけやすくする検索や、コンピューターウイルスへの感染を防ぐ機能などを強化する。マイクロソフトは品質を安定させる試験などに、当初より数週間長い時間が必要になった』 ようだ。(発売後も、バグはそれなりに出るんだろうなぁ)

Windows Vista は、なんと以下の6バージョンに分かれている。

1. Windows Vista Starter Edition
インドやタイなどの新興市場でのみ、新しいPCにバンドルされる形で販売される。32ビットマシンだけに対応し、同時に動かせるプログラムの数に制限がある。

2. Windows Vista Home Basic Edition
「Windows XP Home Edition」の後継バージョン。新しいセキュリティ機能や検索機能が追加されるが、見映えのするインターフェースやハイエンドのメディア機能は提供されない。

3. Windows Vista Home Premium Edition
一般ユーザー向けのハイエンド製品。Vistaの新しいインターフェースをサポートするほか、Media CenterやTablet PCの諸機能も提供。

4. Windows Vista Business Edition
「Windows XP Professional」の後継バージョン。企業向けOSの主流製品となるほか、小さな企業向けのツール類も含まれる

5. Windows Vista Enterprise Edition
ボリュームライセンス購入企業にのみ提供される。「Business Edition」のすべての機能を含むほか、暗号化やUNIXサービス、仮想マシンなどの諸機能も追加されている。

6. Windows Vista Ultimate Edition
「Enterprise Edition」と「Home Premium Edition」の各機能が組み合わされた最上位製品。

注) Microsoftはほかに「Home Basic Edition」と「Business Edition」の「N」バージョンを欧州で提供していく。これらのOSでは「Windows Media Player」が非搭載となる。

(Vistaは、展望の意味で、推奨環境がワイド画面ということやVistaが「未来への展望」「過去への回想」の意味を持つ多義語であることがVista命名の理由のようだ。)


っていうか、こんなに分けるから開発が大変になるんだよ。 
さらに、現行のXPからのバージョンアップ版も出すんだろうから、倍の12バージョン。 \(´ O)< おーーーい。。。

この中で一般ユーザーが使うのは、2番目の「 Windows Vista Home Basic Edition 」か3番目の「 Windows Vista Home Premium Edition 」の2種類。
(4番目の「 Windows Vista Business Edition 」を使う人もいるかもしれないが)

PCメーカーもクリスマス商戦での販売を予定していたろうに、とんだ番狂わせだな。
自分も、暮れに買い替えようって思ってたのになぁ。
楽しみが先に伸びちまったワイ。 (ーΩー;) アガッ!
それにしても、ワイド画面が推奨かよ。 TV機能は要らんのに。 

さて、次バージョンの展望(Vista)は、吉と出るか凶と出るか。


↓よろしければクリックお願いします。励みになりますヽ(^o^)丿
人気blogランキング

"Windows Vista の発売は2007年1月に" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント