Win9x系のサポートは7/11で終了

画像

Microsoftは7月11日(火)をもってWindows 98/98 SE/Meの一般・テクニカルサポートならびにセキュリティ更新プログラムの提供などの一連のサポートを終了することを発表した。
Microsoft Japanの発表

「Windows 98、Windows 98SE、Windows Meに対する緊急セキュリティアップデートは2006年7月11日で終了します。この日以降、どのようなセキュリティアップデートも提供されません」

それぞれ、無償サポートは2003年に終了しており、有償のサポートおよび緊急セキュリティアップデートは度々延長されてきたが、それも今回で打ち切られる。
関連記事1
関連記事2
関連記事3

セカンドマシンを所有する世帯の4分の1が旧OSを利用しているというジュピター・リサーチの調査報告を示している。
ITmediaのもう一つの記事(関連記事2)ではセキュリティソフト会社もWin9X系のサポートを順次止めていく可能性を指摘し、これらのマシンがセキュリティパッチなしにインターネットに接続することの危険性を指摘している。

今はWinXPが結構普及してきたが、それでもWin xx を使っている個人や企業はまだまだ多いと思うのにね。
それに新OSである Windows Vista が出るのは来年で、新OSが出たら買い換えようと思っていたユーザーも多いのではないだろうか。
その間の半年はパッチもなく、無防備になるしかないのだろうか。 
せめて、新OSが出る来年までサポートしてくれないと困るユーザーが多いと思うが、どうだろうか。

"Win9x系のサポートは7/11で終了" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント