「サザエさん」の波平とマスオの晩酌の不思議

画像
ちょっと面白い記事を見つけました。

以前から、『サザエさん』の波平とマスオの奇妙な交流が、ずっと気になって仕方なかった。
アニメ版では波平&マスオ、ときにはそこにノリスケも加わり、夜な夜な会社帰りに「どうだね、一杯?」「いいですね、お義父さん」なやりとりが定番として繰り広げられる。
そんな義理の親子って、いるもんだろうか。
同じ家に帰る者同士なのに、なぜ途中でイッパイひっかける必要があるのだろうか。
これはもう、フネさんとサザエに対する当てつけと解釈して良いのではないか。

というわけで、『長谷川町子全集サザエさん』(1~22巻・朝日新聞社刊)から、二人の晩酌ライフを調べてみると、さっそく1巻の電車内のシーンで、こんなやりとりが登場した。
波平「どっかで一杯のもうか?」
マスオ「エ? なに?」
波平とマスオの間には、サザエ、ワカメが座っているため、聞き取れず、それを繰り返すうち、間に座っていたサザエがたまらず「どっかで一杯のもうか?」と代弁するという話だ。
このとき、サザエに対する誘いは、一切なし。 波平の眼中にあるのはマスオだけであった。
だが、この波平からの誘いを最後に、二人の晩酌がずっとおあずけになるとは、いったい誰が予想しただろうか。

全22巻中、波平が家で一人晩酌するシーンは9回。 
一人で飲み屋に立ち寄るのは6回。 
酔っ払ってぐだぐだに帰宅し、踊ったり、醜態をさらすのは5回。 
見ず知らずの人と意気投合したり、肩を組んでご機嫌で帰るのは3回。
道で知人に誘われ、ホイホイ呑みに行くのが1回。
「つれがあるから二人前やいてよ」と焼き鳥屋で注文した際の「つれ」は、顔なじみの犬だった。
なんだか悲しい話になってきました。

一方、マスオとは、「玄関先の街灯下で、将棋に熱中するうち」「鳥をもらってきたから」「客が帰って、残りのすき焼きをつつきながら」という、ハプニングがらみの晩酌が3回だけ。
他には、マスオと二人で珍しく焼き鳥屋に入ったら、実は借り物の提灯で、そこは選挙事務所だったという「未遂」。
マスオにカゼ薬のありかを聞かれ、「ウニをさかなにあつかんでキューッとやれば、アチチチ、じきなおっちゃうよ」とご機嫌に誘ったときは、カゼの主はワカメだったというオチもある。

ことごとくすれ違う二人。 いつになったら、二人水入らずの晩酌は実現するのか。
そんな切ない思いで読み続けていくなか、マスオの真の「お相手」が判明した。
なんのことはない、ノリスケだ。

二人は、なじみの店を紹介したり、ビヤホールに行ったり、「バー怪車(かいしゃ)」なるアリバイづくりめいた店名の店に行ったりと、外で呑むこと6回。
おまけに、アイスクリームを二人で食べたり、すっかりデートのようである。

アニメと違って、原作では、意外なほど交流がなかった、波平とマスオの晩酌ライフ。
やっぱり同世代と呑むほうが、楽しいのですか、マスオさん……。
でも、まあ、これが普通の義父子か。

ニュース記事


アニメ版しか観たことがないので知らなかったけど、意外なほど波平お父さんとマスオさんがウチで晩酌をする。というのは、少ないんだね。
アニメ版では、時々ウチでビールを飲んでるよね。
あ、でも、アニメ版も2人で飲みに行くシーンが結構あるか。 (;^_^A

「バー怪車(かいしゃ)」のエピソードは、ちょっと面白かったな。
こんな名前の店がホントにあったら、便利かも。 (笑)

"「サザエさん」の波平とマスオの晩酌の不思議" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント