S・ホーキング博士が助手を募集

スター・トレック出演中のホーキング博士
「スター・トレック The Next Generation」にカメオ出演したこともあるホーキング博士が助手を募集している。

宇宙論で知られる英ケンブリッジ大学教授のスティーブン・ホーキング博士(64)が、大学院生の助手を募集している。

博士は難病の筋委縮性側索硬化症(ALS)のため、車いす生活の中で研究を続けており、博士に付き添って世界各地での講演に出向いたり、音声合成装置やパソコンのメンテナンスなど、公私にわたって様々な職務が任される。

業務開始時期は今年の12月からで、給与は2万842~2万3457ポンド(約458~516万円)。

応募資格は、スタミナがあって信頼できる、柔軟性の高い大学院生。
有効な自動車運転免許が必須で、国内外へ移動するために博士の車いすを押すことが求められる。

また、博士が使うパソコンや様々な機器類のメンテナンスのほか、論文執筆の準備や資料を集めたり、講演や授業の準備も任される。

応募締め切りは9月22日で、面接予定日は10月18日。
希望者は、履歴書と推薦状などを指定の担当者へ送付のこと。

詳細は、ケンブリッジ大学の↓求人ページに掲載されている。
http://www.admin.cam.ac.uk/offices/personnel/jobs/vacancies.cgi?job=670
ニュース記事


これ、日本から応募するには結構ハードルが高そうだ。 (汗)
まず、英語が出来なきゃならないし、自動車の運転免許がいるということはイギリスの交通法規が身についていなきゃならない。
これをクリアしても、博士の言うことについていけるだけの能力がなきゃいけない。
でもって、「パソコンや様々な機器類のメンテナンス」や論文や授業の準備となったら、並みの英語力じゃ、すまない気がするんですけど。 (滝汗)

英語が不自由な自分には、とても無理だけど、出来れば日本から応募者が出て、合格して欲しいなぁ・・・。 (;^_^A


ちなみに、スティーブン・ホーキング博士がカメオ出演したのは、「スター・トレック The Next Generation」の第6シーズン・第152話「ボーグ変質の謎(Part1)」の冒頭部分でのホログラムキャラクターとしてです。
左手前からS・ホーキング博士(後姿)、A・ニュートン、データ少佐、A・アインシュタイン
場所は航宙艦エンタープライズDのホロデッキ。
アンドロイドのデータ少佐はアイザック・ニュートン、アルバート・アインシュタイン、スティーブン・ホーキング博士らとポーカーをしている。
データ少佐は各博士がゲーム中に見せる「人間性」を知りたかったようだ。
ポーカーはホーキング博士の勝ち。
データ少佐は非常警報で呼び出され、ブリッジに向かった。

ほんの数分のシーンですが、とても印象的でした。 (^○^)


↓よろしければクリックお願いします。 励みになりますヽ(^o^)丿
人気blogランキング

"S・ホーキング博士が助手を募集" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント