ハロウィンの仮装だったのに・・・

奥さまは魔女 DVD
昨日(10月31日)はハロウィンで、日本でも子どもたちがいろんな仮装をしていましたが、その仮装がドイツではちょっとした事件になってしまいました。

ドイツの小さな町で、市民ふたりが銀行の正面に濃色ガラス窓の「怪しげな車」が停まっているのを疑わしく思い、警察に通報した。

覆面強盗かと思われたが、その正体はハロウィンの仮装をした子ども3人組だった。

警察発表によれば、ドイツ北部の町バート・ツヴィッシェンアーンで、ふたりの女性が別々に 「外国ナンバープレートの薄暗いバン」 を発見した。

しかしバンは警察が到着する前に姿を消してしまった。
女性たちは、自分たちが気づいたので車は恐れをなしたのかもしれないと報告した。

当局は、車の追跡をはじめ、2時間後に居所をつきとめた。
警察は運転者と3人の乗客 (ハロウィンの仮装をした子どもたち) を拘束した。
彼らは警察本部に連行され、事情聴取を受けた。

警官のユルゲン・ハルムスは語る。
「私たちは、 “銀行の前に覆面の人々がいる” と通報を受けたので、強盗に違いない思ったのです。 しかし、男性と子どもたちに事情聴取をしたところ、すぐに勘違いであることが証明されました」

この男性がすばやく車で立ち去ったのは、ビデオを返却するつもりだったレンタルビデオ店が閉まっていたからだそうだ。

「目撃者にとっては、それがハロウィンの仮面をかぶった子どもだと判断するのは難しかったのです」
また彼は、警察は女性たちに治安維持への協力を感謝したと付け加えた。

ニュース記事


えらい勘違いだね。
でも、通報したこの人たちを責めるのはコクだなぁ・・・。 (;^_^A

銀行前に、怪しげな車が停まっていてその中に覆面をした人間がいれば、大抵の人は警察に通報するよね。
たまたま、それがハロウィンで仮装した子どもたちだったから、すんなり家に帰されたけど、大人が仮装していたら絶対帰してもらえなかったんじゃないのかな。
実際、ハロウィンの仮装は銀行強盗にもってこいの格好だしね。 (;^_^A

ハロウィンでは、仮装して「お菓子をくれないといたづらしちゃうぞ」と言いながら、近所の家を廻って持っている袋にいっぱいになるまでお菓子を詰め込むんですが、この子どもたちは警察に連れて行かれちゃったから、お菓子の袋はペッタンコなんだろうな。 可哀そうに。

↓ハロウィンの基礎知識
http://allabout.co.jp/children/kidsenglish/closeup/CU20051013A/index.htm

↓「奥さまは魔女」のDVDはこちらからどうぞ
「奥さまは魔女」 DVD


↓よろしければこちらをポチッとお願いします。
人気blogランキング

"ハロウィンの仮装だったのに・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント