アメリカ版14歳の母は

10代の妊娠・結婚
いまテレビドラマで「14歳の母」が人気だが、アメリカには実際に14歳で妊娠した少女がいた。 
だが、愛する人の子を妊娠した彼女に、哀しい運命が待っていた。 

14歳の中学生チェルシー・ブルークスさんは殺害されたとき、妊娠9ヶ月だった。
愛していたはずの男性が、殺し屋を雇って、チェルシーさんを殺害、遺体を道路わきに埋めた。
男性は19歳。
未成年のチェルシーさんを妊娠させたことでレイプ罪で刑務所に行くことを恐れ、犯行を企てた。
殺害の代償として払われたのは、わずか500ドル(約60000円)だったという。
(ベリタ通信=江田信一郎)

事件はアメリカ・カンザス州ウィチタで起きた。
米誌セブンティーンなどによると、6月14日、道路わきの整備をしていた人たちが、一部腐敗していた少女の遺体を発見した。
地元のアリソン中学校に通う生徒だった。
チェルシーさんは、地元で働くエルギン・ロビンソン(20)の子どもを身ごもっていた。

話は少しさかのぼる。
チェルシーさんが、ロビンソンと知り合ったのは、彼女が10歳、彼が16歳のときだった。
チェルシーさんはYMCAで女性野球チームに入った。
そのときのコーチが、ロビンソンの父親で、ロビンソンは助手を務めていた。

チェルシーさんは12歳の時、ロビンソンと「ボーイフレンド」と呼び、中学校のロッカーには彼の写真を貼り付けた。
そのころチェルシーさんは「年上の男性とデートするのはクール(格好がいい)だ」と友人に話している。

ロビンソンはその後高校を中退し、皿洗いや、学校のパーティーのDJなどの仕事をして金を稼いでいた。
チェルシーさんに贈り物を贈ったりした。
2005年7月ごろ、チェルシーさんは友人に「ロビンソンとセックスをした」と打ち明ける。

これを知ったチェルシーさんの母親は、娘を問い詰めたが、性的関係を否定した。
母親は、ロビンソンにも娘に会わないよう警告した。
しかし、二人の関係は続いた。

10月には、チェルシーさんは妊娠を知る。
カンザス州の法律では、未成年の少女と性的関係を持つことはレイプを意味し、有罪になれば禁固12年の刑務所暮らしになる。

ロビンソンは、チェルシーさんと相談し、チェルシーさんの腹部を蹴って流産することを持ちかける。
しかし、これはチェルシーさんの友人の知ることになり、中止された。
妊娠を知った母親は、裁判所に訴え、裁判所は、ロビンソンにチェルシーさんに会うことを禁じた。

この間、ロビンソンは、チェルシーさんの存在が重荷になっていた。
6月9日、ロビンソンは数ヶ月ぶりにチェルシーさんの連絡を取り、会う約束をした。
しかし、これは罠で、約束の場所に彼は現れなかった。
来たのは、エベレット・ゲンティ(17)と、彼が雇った殺し屋のテッド・バーネット(49)。
すっぽかされたことに怒ったチェルシーさんをエベレット、テッドが車で送り届ける際、テッドが電線コードを使って、チェルシーさんの首を絞め、殺害した。

遺体発見後、ロビンソンら3人が逮捕された。
エベレットは、ロビンソンにチェルシーさんの殺害を依頼されたと供述、司法取引に応じた。
ロビンソンは「なぜ友人を私を裏切るのか」と述べ、殺害の関与を否定している。
殺害を行なったテッドについても面識がないと主張している。

裁判は来年2月に始まる。
有罪になれば最高刑は死刑である。
チェルシーさんを殺害して自由になりたいと、仮にロビンソンが思っていたとしたら、それは大いなる誤算だったといわざるをえない。

ニュース記事


「14歳の母」っていうテレビドラマは見ていないんですが、14歳で妊娠、母になるっていうのは、ドラマの中だけかと思ってたら、現実にあるのね。
しかも、ドラマと違って、こんな哀しい結末だなんて。 (。;_;。)

それにしても、妊娠させた当の男が彼女を殺そうとするなんて。
しかも、自分じゃあ殺せないからって、殺し屋を雇って殺させるなんて非道すぎじゃ!

いくら、彼女との行為が明るみに出るとレイプ罪で懲役12年だからって、それをまぬがれる為に腹をけって流産させようとか、邪魔者扱いするなんて。
あくまでも、自分本位の男だったんだな。

もし本当に愛していたら、そんなことが出来ようはずもない。
たとえ、レイプ罪で服役したとしても、彼女のほうはひたすら出てくるのを待っていただろうと思うのに。
こんな男を愛した彼女が可哀そうだ。 

この男の裁判開始は来年(2007年)2月からだそうだけど、こんな、男の風上にも置けないヤツ、出来れば死刑にして欲しいよ。

アメリカ・カンザス州の死刑方法がどんなのかは知らないけれど、この州裁判所では「死刑は違憲である」という判決があることから、たとえ死刑判決が出ても、実際には執行されない可能性が高い。

それだったら、男のイチモツを切り取った上で、仮釈放なしの懲役70年以上っていうのはどうだろうか。
↑カゲキかなぁ・・・ (-Ⅱ-;)


↓ドラマ「14歳の母」公式サイト
http://www.ntv.co.jp/14/


↓10代の妊娠に関する本はこちら
10代の妊娠と中絶
10代の妊娠と中絶


↓よろしければこちらをポチッとお願いします。
人気blogランキング

"アメリカ版14歳の母は" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント