「ハリー・ポッター」シリーズは暴力的?

ハリー・ポッターと謎のプリンス
「ハリー・ポッター」シリーズは暴力的だとして、アメリカの1人の母親が立ち上がった。

アメリカ・ジョージア州アトランタ・グイネット郡のハリーポッターファンたちも、これでほっと一息付けることだろう。

というのも、ジョージア州教育省が世界的大ベストセラー「ハリーポッター」シリーズ(J・Kローリング著)を学校図書館に残すことを決定。
グイネット郡学校運営当局がこれに従うことを発表したからだ。

2005年10月、グイネット小学校に通う子供を持つ母親、ローラ・マロリーさんが学校側に対し、「ハリーポッターシリーズは暴力的で魔法を奨励している」と主張して学校図書館から取り除くことを訴えた。

学校運営当局の広報担当、ジョージ・クインタナ氏によると、ローラさんは訴えが退けられたため、その後は州関係者などに同様の主張を繰り返したが、どのレベルにおいても同シリーズの撤去は認められなかったという。

『アトランタ・ジャーナル』紙によると、ローラさんは「弁護士を雇わなかったのが敗訴の原因」と話しており、同州高等裁判所に上訴する予定だという。

ニュース記事


ハリーポッターシリーズって、そんなに暴力的だっけ?
自分はそうは思えないんだけど。

確かに、魔法学校が舞台で主人公はそこの学生だから、物語の中にたくさんの魔法の技が出てくる。
そして、その魔法を使って、敵を排除したりもする。
でも、肉体的な殴る蹴るなどの暴力は描かれていなかったんじゃないのかな。
(テレビで映画を放映する時に見るだけなので、細部は覚えていないですが。)

これが暴力的だとすると、「ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語:J・R・R・トールキン著)」は、全編にわたって “他人のものを我がものにする” という泥棒のお話し。
そして物語の中で、肉体的に殴る蹴るなどの暴力をふるったり、殺人をするシーンが山ほど出てきます。
しかも最後は、盗まれた場所に返すのではなく証拠隠滅で消してしまう、とんでもないお話し。

あと、この人はアトランタ在住ということだから、アトランタが舞台の往年の名作「風とともに去りぬ(M・ミッチェル著)」にいたっては、南北戦争が全編にわたって描かれており、主人公は殺人をして、しかもその死体を見つからないように埋めたり(死体遺棄)、親友の婚約者(後には夫)を誘惑したりと、とんでもない悪女のお話し。


あ、自分はこの2つの物語は好きですよ。
「ロード・オブ・ザ・リング」は、安易な誘惑に打ち克つ精神力を描いているし、「風とともに去りぬ」はどんなに苦境でも常に前向きな女性を描いているしね。

「ハリーポッターシリーズ」の全編を通したテーマっていうのは良く分からないですが。(´-ω-`;)ゞポリポリ
基本は主人公の成長なんでしょうけどね。

でも、物語の中で主人公が魔法を使うからって、実際に子どもたちが魔法を使えるようになるとか、その魔法を使って悪事を働くようになるなんて、本気で思っているのかしらん?
そりゃあ、子どもたちは魔法を使えるようになりたいと思っているかもしれないけどね。


さて、「ハリーポッターシリーズ」が暴力的かどうか、今度は裁判所で争われることになるんだけど、裁判所の判断はどう出るんでしょうか。
もし、暴力的な悪本だと判断されたら、図書館から全部撤去されちゃうのかな。


↓「ハリー・ポッター」シリーズの本やDVDはこちらから
ハリー・ポッターと炎のゴブレット
「ハリー・ポッター」シリーズ


↓よろしければこちらをポチッとお願いします。
人気blogランキング

"「ハリー・ポッター」シリーズは暴力的?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント