空港のX線検査に腹を立てて

画像
空港でとんでもない自己主張をした、とある男性。

フィリピンのマニラ国際空港でこのほど、X線検査機を通過するよう繰り返し促されたことに腹を立てたドイツ人男性旅行客(66)が、はいていたズボンを下ろし、わいせつ行為の疑いなどで身柄を拘束された。
フィリピン警察が2月12日明らかにした。

事件が起きたのは2月9日。
フランクフルト行きの便に乗ろうとしていた男性旅行客は、X線検査を通るよう2度促された。
が、あ然とする空港係官や他の乗客の面前でズボンを下ろし、検査機を通過したのだという。

同空港ではX線検査の際にズボンのベルトを外し、靴を脱ぐよう求められているが、空港警備当局者は地元メディアに対し、男性旅行客は検査機を通過するよう2度言われて腹を立てたに違いないと語った。
有罪の場合、最も重くて禁固2年を言い渡される可能性がある。

ニュース記事


最近はどこの空港もX線検査や手荷物検査が厳しくなっているっていうのに、こんな阿保なことをして・・・。 ┐( ̄ー ̄)┌ハァ

昔だったらお説教くらいで済んでいたかもしれないけど、最近はテロやハイジャックなどを警戒して、かなーり厳しくなってるから有罪になる可能性は大きいわな。

でもって、刑務所の中でもこんな態度だったら、さらに刑期が延びる可能性もあるな。


↓よろしければこちらをポチッとお願いします。
人気blogランキング

"空港のX線検査に腹を立てて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント