半世紀ぶりにひき逃げ犯が名乗り出て遺族は事件解決に驚く

アメリカで、50年以上も昔に起きたひき逃げ事故が、今になってようやく解決されることになった。
CSI:科学捜査班

事件は未解決になっていたが、事故を起こした当事者は、長年良心の呵責にさいなまれていた。
犯人は当時24歳だった。

あまりにも遅すぎた告白だが、犠牲者の関係者は、半世紀ぶりの事件解決に、ただ驚いている。
(ベリタ通信=江口惇)

アメリカメディアによると、54年前の1953年10月24日夜、バージニア州キャロル郡ヒリズビルの南方の52号線で、当時76歳のジョージ・ダルトンさんがひき殺された。

事件は未解決になったが、バーリン・ブレイディ被告(77)だけが自分が犯人であることを知っていた。

ブレイディ被告は半世紀以上事実を隠してきたが、2006年夏に心臓のバイパス手術を受ける段階になって、真実を告白する気持ちになった。
捜査官に連絡を取り、自分が犯人であることを告げた。

同被告はあの日、車を運転して現場付近を通りかかった際、対向車のヘッドライトに目がくらんだ。
その直後衝撃を感じたが、そのまま立ち去った。
その後、地元紙が報じる記事の中で、「殺人」という文字が使われているのを見て、怖くなったという。

事故に遭ったダルトンさんは当日夜、車を取りに行くため道路を渡ろうとしていた。
妻と教会に行くためだった。

ダルトンさんは再婚だったが、最初の妻は1949年11月に車になねられ死亡している。
共に現場は52号線上でダルトンさんの自宅から近いところだったという。

自供を受けて同被告は大陪審からひき逃げなどの罪で起訴されたが、その事実は最近まで公にされなかった。

2月22日の法廷で、被告は検察側との司法取引で有罪を認めた。
この結果、刑務所には入らずに、2年間の保護観察処分を受ける見通しになった。
また半年間は医師に会いに行く以外は車の運転が禁じられるという。

犠牲者のダルトンさんには6人の子どもと、15人の孫があった。
ダルトンさんの遺族は真犯人出現に驚いている。
しかし、長い歳月が経っていることもあり、被告も十分に苦しんだと許す心境にあるという。

事件当時18歳で現在72歳の孫ドナルド・シモンズさんは「びっくりしている。まったく予想していなかった」と話す。
その後、シモンズさんは意外な事実を打ち明けた。

キャロル郡では、事件の後、ある人物が犯人だろうとの見方が広まった。
犯人だと指摘された人は、懸命に否定したが、多くの人が彼が犯人だと確信するようになったという。
その人物は犯人だと思われながら15年前に死亡したという。
シモンズさんは、その意味でも、二重のショックだと話している。

もう一人の孫のチャールズ・ダルトンさん(72)も、「(犯人にとっては)心が晴れるものになるだろう。われわれもほっとした感じだ。しかし、別の人間が非難されたのはまことに残念だ」と語っていた。

2007年02月24日00時22分

ニュース記事


この自首した人にとっては、かなりの勇気が要ったろうと思う。

この人にとって、過去のひき逃げは常に心の片すみにあったんだろうね。
どんなに楽しいことがあっても心底楽しめなかったろうし、夜、眠る時もすっきり眠れなかったんじゃないだろうか。

それにしても気の毒なのは、犯人だと疑われた人だ。
まったくの勘違いだというのに。
否定すればするほど、怪しいと思ったんだろうけど、その人を犯人扱いした周囲の人達は、その家族に謝罪したんだろうか。

ひき逃げ事件が正しく解決したことは喜ばしいのだが、疑いをかけられた人への周囲の対応のほうが気になります。

また、アメリカは『時効』が無いから、どんなに歳月が経っても裁判が出来るんだよね。
日本は、この『時効』があるせいで、一定期間見つからなければ、犯人の逃げ得になってしまう。
ひき逃げは5年、殺人でも25年で時効です。
『時効』なんぞ、撤廃すればいいのにと思います。

飲酒運転で犯罪者になった ~実録交通刑務所~
飲酒運転で犯罪者になった ~実録交通刑務所~

追記:
この記事のトップ画像のところにある「宝箱」の画像をクリックしてね。
抽選でプレゼントが選べます。
応募は、BIGLOBE会員に限らず、どなたでも参加できます。

↓よろしければこちらをポチッとお願いします。
人気blogランキング

"半世紀ぶりにひき逃げ犯が名乗り出て遺族は事件解決に驚く" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント