死んだ父親を生き返らそうとした息子

息子の哀しい想い。。。
恐怖と怪奇名作集(4) ~猿の手~

パキスタンの警察は、2年前に死亡した父親を生き返らせようと遺体を掘り起こし、カージャックした救急車で家へ持ち帰った男を追っている。

アブダル・ラーマン容疑者の家族は、彼には精神障害があり、父親の死を受け入れることができていなかったと警察に語っているそうだ。

カラチのフェロザバド警察署の担当官グラム・ムルタザは、「彼は木曜の夜、救急車の運転手に銃口を向けて車を乗っ取ったあと遺体を掘り出し、家に持ち帰りました」と、ロイターに語った。

警察は救急車の管理団体とラーマン容疑者の兄弟から通報を受け、金曜日に強制捜査を行った。

「彼は頭蓋骨だけになった死体を12時間以上自分のベッドルームに隠していました。私たちが家に踏み込んだ際、彼は逃走しました。私たちは遺体を再び埋めました」

また警察によれば、ラーマンは墓地で眠っていたホームレスを誘拐して家に監禁していたとのことだ。

「彼は、ラーマンがおいおい泣きながら死体を生き返らせようと魔法の呪文を唱え、薔薇水を注いでいるのを見たと証言しています」と、ムルタザは語った。

ラーマンには、死体損壊罪で1年の懲役が求刑される見込みだ。

ニュース記事


父親の死が受け入れがたかったのは分かるよ。
だけど、死んだ直後だったら望みはあるかもしれないけど、2年も経ってればムリだよ~。

死者を生き返らせるのは、神様だってムリなんじゃないのかな。

それに、反魂の術は禁忌だよね。

確か、死者を生き返らせるお話しがあったよね。
でも、肉体は動いても、精神は似ても似つかぬ性質になってるらしいし。

死者は安らかに眠らせておくのが一番いいと思う。
ポックポック Ω\(^‥^=)~ ニャンマイダー


↓よろしければこちらをポチッとお願いします。
人気blogランキング


追記:
この記事のトップ画像、ブログタイトル横のところにある「宝箱」の画像をクリックしてね。
抽選でプレゼントが選べます。
応募は、BIGLOBE会員に限らず、どなたでも参加できます。
応募期間は、2007年3月29日までです。
お早めにどうぞ。

"死んだ父親を生き返らそうとした息子" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント