映画で間違い探し

2007年に上映された映画で、なんと、157ヶ所も間違いがある映画があるようです。

イギリスのサイトmoviemistakes.comが、映像に最も間違いの多かった2007年の映画トップ10を発表し、157ヶ所という圧倒的な間違いの多さで『スパイダーマン3』が1位になってしまった。

第1位の『スパイダーマン3』で、最も大きなミスとされているのは、
スパイダーマンとサンドマンが闘うシーンで、ニューヨークが舞台になっているのに、撮影場所であるオハイオ州クリーブランドの名所、ターミナル・タワーが背景に映っていること。

2位は、『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』。
カメラアングルが変わると、ジョニー・デップの衣装の一部があったりなかったりのシーンなど、62ヶ所の間違いが指摘されている。

3位は、46ヶ所のミスで『ダイ・ハード4.0』。

「映画の製作費がどんどん高くなっているんだから、こういう明らかなミスを見つけて直すことに予算を使えばいいのにと思う」とサイトの運営者はコメントしている。

[2007年12月25日(火) 20時18分]

ニュース記事


なんと!く("0")>

映画にそんなにたくさんのミスがあるなんて、驚きです。

こんなにたくさんミスを見つけたら、映画を楽しむどころでは、なくなってしまうのではないでしょうか。

>明らかなミスを見つけて直すことに予算を使えばいいのに
まさに、その通りですな。 (´-ω-`;)ゞポリポリ


↓こちらは栄えある(?)1位を獲得した『スパイダーマン3』
スパイダーマンTM3 デラックス・コレクターズ・エディション[2枚組]
スパイダーマンTM3
デラックス・コレクターズ・エディション[2枚組]



↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

"映画で間違い探し" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント