「キリスト」化粧品シリーズを販売中止

イエス・キリストと言えば、キリスト教の教祖ですが、化粧品にも名前を連ねたことがあったようです。 

シンガポールを拠点とする小売業者が、カトリック信者からの苦情を受け、「イエス・キリスト」の名を冠した化粧品シリーズの販売を取りやめた。
2008年2月12日(火)付の地元紙が報じた。

「イエス(キリスト)のために美しく」と命名された同シリーズは、アメリカの化粧品メーカー、Blue Qが製造し、シンガポールではTopshopの3店舗で販売されていた。

英字紙ストレーツ・タイムズは、客の一部からの苦情を受け、Topshopを経営する会社が2008年1月下旬に同シリーズの商品を店頭から回収したと伝えるとともに、
「顧客を怒らせたくない」という同社スポークスマンのコメントを掲載した。

[シンガポール共和国シンガポール(首都) 2008年2月12日(火) ロイター]
[ 2008年02月12日(火) 20時10分 ]

ニュース記事

商魂たくましいなぁ。。。(´・ω・`)ゞポリポリ

そりゃあ、カソリックでは神に仕えるシスターたちを「キリストの花嫁」とか「神の花嫁」と言うらしいですが、彼女たちは実に質素な生活をしているようです。

シンガポール国内での宗教はと調べてみたら、国教は無く、主な宗教は、仏教、道教、イスラム教、キリスト教、ヒンドゥー教などだそうです。 (それぞれで宗派はあるかと思いますが)

でも、いくら国教がないとはいえ、キリスト教信者もいるんだから、
ネーミングにはもっと気をつけないとね。

まぁ、下に紹介する『コテコテ大阪弁訳「聖書」愛蔵版』くらいだったら、面白みがあったのかもしれませんが。
読んでみたら面白かったですよ。
例えば、『「あんたらも聞いて知っとるとおり、『目には目や、歯には歯や』と命じられとるやろ。せやけど、わては言うておくで。悪もんには歯むこうたらあかん。どいつかが、あんたはんの右の頬をぶちかましよったら、左の頬かて向けたれや。」』
とか。(笑)
これだと、結構、親しみがわきそうです。(^.^)

キリストが育ったナザレは、イスラエルでもかなり地方だったようで、
こんな風になまって話していたのかもしれませんね。(⌒▽⌒)b

コテコテ大阪弁訳「聖書」愛蔵版
コテコテ大阪弁訳「聖書」愛蔵版


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

"「キリスト」化粧品シリーズを販売中止" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント