迷惑メール規制法 海外発のメールも摘発対象に

総務省はこのほど、迷惑メールを規制する「特定電子メール送信適正化法」の改正案をまとめた。

同法案は、2008年2月中にも今国会に提出される方針で、2008年中に施行される見通し。

改正案では、送信先の承諾を得ない広告・宣伝目的のメールは、迷惑メールとして認定し、処罰の対象とする。

現行法では、規制の対象から外されている、海外発の迷惑メールに対しても、国内からのメール同様に厳罰できるようになる。

国内の業者が海外の業者に委託して迷惑メールを送信するケースにも、総務省が立ち入り検査を行い、業務停止を命ずることでき、それに従わない場合には摘発が可能となる。

また、メールの発信元のパソコンの所在地などの情報を、発信元の国の当局に対して日本側から提供し、国際的な取り締まりを可能にする。

さらに、同法改正後の罰則金額は最高で3000万円。
現在の100万円から30倍に引き上げ、迷惑メール対策を一層強化する。

[2008年02月14日(木) 12時45分]

ニュース記事


迷惑メールにいろんな規制がかかるのは、大変良いことなんですが、果たしてこれで一掃出来るものなんでしょうか。(・・?)

自分のところにも、毎日、百数十通以上の迷惑メールが来ます。
↓ちなみに、これがある日の迷惑メール(一部)です。
画像

件名の頭に [SPAM-MAIL] と付いているのは、ウィルス対策ソフトが自動で判断して付けているので、発信元が付けているわけではないと思われます。

ここに出ているのは、受信した迷惑メールの一部です。

今は、どこにも報告せずに、削除しているんですが、これらの迷惑メールをどこかに報告するようになるんでしょうかね。

そのあたりも、きっちり詰めて法制化して欲しいです。o(^ー^)o

ウィルス&迷惑メール撃退特盛テクニックfor Vista
ウィルス&迷惑メール撃退特盛テクニックfor Vista

↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

"迷惑メール規制法 海外発のメールも摘発対象に" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント