靴を履いた警察犬

「長ぐつを履いたねこ」という童話はありますが、靴を履いた犬が登場しました。

ドイツ・デュッセルドルフの警察犬は、パトロールの際に青いゴム製の靴をはくことになる。
画像
この靴は、ガラスの破片などから足を防護することが目的という。

警察のスポークスマンは2008年2月25日(月)に、
「犬はまだ気に入ってないようだが、数週間の訓練で慣れるはず」と語った。

同スポークスマンによると、デュッセルドルフの古い町並みでは、路面の石の間にガラスなどの破片がはさまっていることがあり、警察犬にとって危険。

同警察のジャーマンシェパード約20匹は、2008年3月に開催される警察関係のファッションショーに向け、靴をはいて歩く訓練を受けている。

靴は1足約15ユーロ(約2400円)だという。

[ドイツ・ベルリン 2008年2月25日(月) ロイター]
[ 2008年02月26日(火) 09時34分 ]

ニュース記事


人間は靴を履いているから、あまり分からないけど、犬は素足だし、道路にはいろんなものが落ちているから、怪我をしそうだよね。

このドイツのケースでは警察犬だけど、日本の盲導犬とかも靴を履いたほうがいいんじゃないかなぁ。

特に、夏の道路はとーっても熱いもの。

歩いていても、靴の裏から熱が伝わってくるしね。

測ったことはないけど、かなりの温度になっているはず。

犬の身体を気遣えばこそのアイディアだな。

でも、犬にとっては、邪魔で、かえって歩きづらいかも。

安全をとるか、歩きやすさをとるか、難しいなぁ。。。(´・ω・`)ゞポリポリ


盲導犬・40年の旅 ~チャンピイ、ローザ、セリッサ~
盲導犬・40年の旅 ~チャンピイ、ローザ、セリッサ~


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング




"靴を履いた警察犬" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント