“ナチスって何?” 学力低下に愕然

何だかなぁ・・・ (´-ω-`;)ゞポリポリ

若者の活字離れが進み、学力低下が問題となっているが、映画の世界でも影響が出ている。

洋画の字幕づくりの際に“文字数を減らす”、“漢字の使用は最小限”にするなどの気をつかっているというのだ。
字だけでなく歴史事実を知らないというケースもあり、業界も知的レベルの低下に驚いている。

“おバカ”タレントが人気の昨今だが、笑ってばかりもいられない現実が、映画会社の洋画字幕づくりから見えてきた。

そもそも、字幕映画は昭和6年(1931年)公開の米作品「モロッコ」から始まる。
吹き替え作業の設備などが不十分で字幕という苦肉の策をとったが、大ヒットしたため字幕も定着していったのだ。

字幕の文字数は戦前は最大縦13字で3行だったものが、戦後に10字2行と少なくなり(1秒に読めるのが4文字ということから)、1980年代半ばにビデオの普及でテレビでも見やすいように、最大13字で2行と増えて、定着していた。

しかし、最近になり13字の文字数では読み切れないという若者が増加しており、映画離れを食い止めようと映画業界では苦慮しているというわけだ。

字幕づくりでは、10字前後で区切って行を増やしたり、漢字を省いたり工夫をこらし、字幕を必要としない吹き替え版へシフトしていく動きもある。実際にアニメ、実写映画とも吹き替え版が急増しているという。

東宝東和では8月から10月の3ヶ月間で計3本のハリウッド大作を公開するが、「吹き替え版を過去最大級の手厚さで用意する」と話す。

ワーナー・ブラザーズ映画も、「ハリー・ポッターシリーズの場合、吹き替えが6割で字幕版を上回っている。その他の作品でも吹き替えの比率は年々高まっている」と説明している。

字幕、吹き替えという文字認識以前の問題もでてきた。

ある映画会社の製作担当者は、
「スパイ系作品の試写会後、『ソ連って何ですか?』、『ナチスって何ですか?』との感想が寄せられ、本当に驚いた」と打ち明ける。

テレビ番組の街頭インタビューを見て、
『日本が第二次世界大戦で戦ったことを知らない』、『日本に原爆が落ちたことを知らない』若者がいることに愕然としたことがある。

中学生レベルの歴史的事実すら知らないというケースも珍しくないようだ。

「スパイダーマン」シリーズなど計約1000本の映画の字幕づくりを担当したこの道約30年のベテラン、菊池浩司さん(60)は、
「知っていて当然の日本語を知らない若者が増えているようだ」と話している。

おバカ人気が悪いとは思わない、現実を知り、それが学ぶことにつながればそれはそれで必要な現象だということになる。

(編集部:TAKESHI)
【 2008年05月11日(日) 17時16分 】

ニュース記事


調査対象の年齢区分がはっきりしないけど、“若者”ってことは、10代から20代前半くらいまでかな。
いわゆる“学生世代”ってことかも。

>「知っていて当然の日本語を知らない若者が増えているようだ」
というより、日本の歴史さえ満足に知らないんじゃないのか。(ー_ー;)

今の学生世代の親っていうと、30代から40代くらいか。
その世代だと、戦争も経験してないし、核家族で祖父母とも一緒に暮らしていないだろうから、戦争当時はどうだったかなんて、聞くすべはないんだろうな。
でも、ソ連邦崩壊や東西ドイツのベルリンの壁崩壊なんてのは、ニュースなどで知っているはずの世代なんだよね。
そういうのは家庭で話さないのかな。

まぁ、どちらも“昔の出来事”には変わりはないけど、このあたりは学校の教科書にも出てきそうな気がするんですけどね。
戦争もそうだけど、『冷戦の終了と新時代の幕開け』として、かなり大きな出来事だったしね。

これらのことって、『一般常識』の範疇(はんちゅう)に入るから、“知っていて当たり前”のこととして、話しが進む場合もあるんじゃないのかな。

日本の、いや世界も含めての近代・現代史をもっときっちり教えないと、これから先の社会を担う世代なんだから、とーっても困ると思う。

学校だけでなく、家庭でも、『昔の出来事』について、「お父さんはこう思った」とか「お母さんはこう感じた」、また「お前はどう思う?」など、話し合う機会を作って欲しいものです。


証言・南京事件と三光作戦
証言・南京事件と三光作戦
~『証言記録三光作戦―南京虐殺から満州国崩壊まで』改題書~



↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

"“ナチスって何?” 学力低下に愕然" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント