ロシアの地図から「カリフォルニア」がなくなる

ロシアの地図から「カリフォルニア」が姿を消すことになる。

ロシア北西部ニジニーノブゴロドの当局は、居住者がいないことを理由に、カリフォルニアという小さな村の名称を破棄することを決定した。
インタファクス通信が2008年7月31日に伝えた。

この村は19世紀、ロシア政府が1867年にアラスカを米国に売ったことへの抗議として、1人の地主が中心となって作ったもの。

一時は活気のあった村だが、ソビエト連邦の崩壊とともに衰退し、最後の住民も2000年に立ち去っていた。

[ロシア・モスクワ  2008年07月31日(木) ロイター]
【 2008年08月01日(金) 】

ニュース記事


最初、この記事を読んだ時は、かつての冷戦時代の再来で、またアメリカと対立するんで世界地図から抹消するのかと思った。

でも、よくよく記事を読んでみると、ロシアにも「カリフォルニア」という地名があったと気が付いた。

そんな地名があったことだけでも驚きなのに、それが『アラスカを米国に売ったことへの抗議として、1人の地主が中心となって作った』っていうのにもびっくりです。

多分、“ここにお前らの国の一部があるぞ。ざまーみろ”っていう感じだったんでしょうか。

ゆうに、141年間もアメリカの一部(?)がロシアにあったことになるんだけど、こんな地名があったなんて、全然知りませんでした。

もしかしたら、抗議の対象であるアメリカでさえ、知らなかったのではないでしょうか。

もっと、アピールしたら良かったのにと思うんですが。(;^_^A

ロシアの「カリフォルニア」をグーグルマップで出したかったんですが、探し方が悪いのか、アメリカの「カリフォルニア」しか出てこないんです。

ま、当然と言えば当然で、普通はアメリカしか思いつかないもんね。(´-ω-`;)ゞポリポリ


ロシア 地球の歩き方(2008~2009年)
ロシア 地球の歩き方(2008~2009年)


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

"ロシアの地図から「カリフォルニア」がなくなる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント