図書館の蔵書が約28万冊も行方不明に

図書館の本がたくさん行方不明になっている。
画像
2007年度に全国主要都市の公立図書館で行方不明となった本が計約28万4000冊にのぼり、被害額は約4億1000万円と試算されることが読売新聞の調査で分かった。

大半が無断で持ち出されたとみられ、本の表紙だけ残して中身を抜き取る手口が目立つ。

警報装置付きの防犯ゲートを設置した図書館もあるが、多くの自治体が「財政事情が厳しく、有効な対策をとれない」と訴えている。

道府県庁所在地と政令市、東京都23区の計74都市区を対象に、公立の図書館(計約570館)で2007年度に行方不明となった本の冊数や被害金額などを尋ねた。
冊数については69都市区から回答があり、計28万4421冊。

東京都内4区と神奈川県の横浜市や川崎市、愛知県名古屋市の計7市区では、それぞれ年間1万冊以上の行方がわからなくなっており、大都市圏の被害が顕著だった。

回答のあった東京都内22区を合計すると計14万1221冊で、全体の半分近くを占めた。

被害金額については64都市区から回答があり、本を購入した際の価格などから試算した結果、計4億1071万円に達した。

年間1000万円以上の被害があった自治体は12市区だった。

【 2008年11月09日(日) 03時03分 】

ニュース記事


非道いなあ(爆)

図書館の、というか、「本は大事に扱うもんだ」と言われて育ったから、最近よく言われているような、本に書き込みをしたり、本を切り裂くなんて、想像もできない。

まして、図書館の本を切り裂くなんて言語道断だ!

あ、学校の教科書とか参考書には線を引いたり、いっぱい書き込みはしたけどね。

一般の本には、そんなことはしない。

図書館の本にも、学生の頃はずい分とお世話になったもんだ。

最近は、図書館で借りるよりも、買うほうが多いけどね。

なんたって、いつでも読めるという安心感があるし。ヽ(^.^)丿

っていうか、ここ10年ほど、図書館には行ってないなぁ。

たまに聞く話しだけど、推理小説で、最初のほうに “こいつが犯人” って、書き込みがあるものがあるらしいです。

最悪ですな。(` 曲 ´)ムカッ!

それにしても、こういった、図書館の本に書き込みをしたり切り裂いたりっていうのは、いい歳をした大人に多いらしいんだよね。

こういうことをする人は、自分の子供になんと教えているのでしょうか。

“図書館の本は、破ってもいいし、書き込みをしてもいいし、もちろん盗んでもいい”って、教えているのかしらん。

切り裂いて表紙だけ残して盗んでいくっていうのは、泥棒の中でも最低のヤカラだと思います。

大人の一人として、恥ずかしい限りです。


図書館戦争
図書館戦争


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

"図書館の蔵書が約28万冊も行方不明に" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント