「騙されたふり作戦」初成功!

最初に聞いた時、とても成功するとは思えなかったのですが・・・。 

まずは、1月20日に発表されたこちらの記事から。
神奈川県警は2009年1月19日、振り込め詐欺対策として、神奈川県警職員や家族らが電話に従うかのように装う「騙(だま)されたふり作戦」を2009年2月から実施すると発表した。

容疑者との接触予定場所などの通報を受け、捜査員が現場に待ち伏せして逮捕する寸法。

取り締まりの強化で増加傾向にあるATM(現金自動受払機)を使わない手口への対抗手段で、全国初の試みという。

県警によると、県警職員約1万7000人や家族のほか、県警OB、防犯ボランティア団体にも協力を呼びかける。

不審な電話を受けた際、相手の電話番号や現金の送り先、接触する日時、場所などを聞き出し、通報してもらう。
捜査員が「お金が用意できた」などと容疑者側に電話をかけ、振込先の口座などを聞き出し、凍結することも想定している。

神奈川県内では昨年、振り込め詐欺の件数が1988件、被害額が約31億円と、ともに過去最悪となった。
小包で現金を送らせたり、犯行グループが直接現金をだまし取る手口の増加が背景にあるとみられる。
神奈川県警幹部は「犯人に『神奈川で電話すると、警察官が現れるかもしれない』と思わせる」と意気込んでいる。
【 2009年01月20日(火) 01時11分 】

ニュース記事1

続いて、↓本日のニュース。
神奈川県警は2009年1月22日(木)、東京都練馬区田柄4、無職、小林英夫容疑者(33)を詐欺未遂容疑で現行犯逮捕した。

神奈川県警OBや家族が捜査に協力し、県警によると、振り込め詐欺対策「騙(だま)されたふり作戦」で初の逮捕という。

逮捕容疑は、2009年1月22日(木)午前、神奈川県横浜市磯子区の神奈川県警OBの男性(64)方に息子(31)を装い、「携帯電話の番号が変わった」との電話があったが、OBの男性は振り込め詐欺事件と見抜いて、警察に通報した。

翌22日(金)になって、消費者金融を名乗る男から「息子さんに300万円貸したが、返ってこない。金を用意しろ」などと、男性の妻に電話があった。
妻は、警察との打ち合わせ通り、携帯電話の番号を聞き出したうえ、「すぐ用意できない」などと話し、横浜市磯子区内のJR洋光台駅前の銀行で待ち合わせ、公衆電話から男の携帯に電話をかけた。

指定された菓子店の前で、男が声をかけてきたため、妻は、待機していた捜査員に合図を送り、男は詐欺未遂の現行犯で逮捕された。

この男は、東京都練馬区田柄4、無職、小林英夫容疑者(33)で、詐欺未遂容疑で現行犯逮捕した。

しかし、「池袋で知り合った男に『金を受け取るだけのバイトをやらないか』と持ちかけられた」と容疑を否認しているという。

神奈川県警によると、男性は神奈川県警・生活安全部の元刑事で、2009年1月21日(水)午後に息子を名乗る男から「携帯電話の番号が変わった」との電話がかかって来たため、神奈川県警磯子署に通報。

同1月22日(木)午前に現金を要求する電話があり、妻(62)が指示に従うふりをして同区内の駅近くで待ち合わせをした。
周辺で待機していた捜査員が、妻に接触した小林容疑者を取り押さえたという。

【 2009年01月22日(木) 21時44分 】

ニュース記事2


犯人が先のニュースを知っていたのか、定かではないけれど、まさに恰好の標的となってしまったようです。(笑)

こんな手で詐欺犯が引っ掛かるなんて、到底思えなかったのですが、詐欺犯を逮捕できたということは、有効な手段なんですね。

まぁ、今回はたまたま、警察関係者の家に電話があったから、この手段が使えたけど、一般の家にかかった時も使えるかどうかは未知数だな。

でも、一般の家庭にかかってきた電話も同じような対応をすれば、おれおれ詐欺がすたれるのではないかと思うのですが、はたして?


詐欺の心理学 ~騙す側、騙される側のココロの法則~
詐欺の心理学
~騙す側、騙される側のココロの法則~



↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

"「騙されたふり作戦」初成功!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント