「懐かしいと思うネット用語」ランキング

えっ!? “キリ番ゲットで記念カキコ!”って、もはや死語なの?!

ここ10年ほどで一気に普及したインターネット。
「常時接続」とは誰も言わなくなったくらい、それが当たり前のことになっていますよね。
そんな風に変化し続けるネット文化ですから、数年前に流行ったことはもう「懐かしい」と感じてしまうもの。
20代女子が、すでに懐かしいと思っている「ネット用語」って何!?

第1位 「2000年問題」43.5% パソコンが使えなくなるかもしれないと大騒ぎ。
第2位 「カキコ」……24.5% 書き込みすることを省略して言ってました。
第3位 「キリ番」……11.2% サイトのアクセスカウンタが、キリの良い数字だと嬉しかった!
第4位 「ネチケット」……9.1% ネットでの作法をみんなこう呼んでいた!
第5位 「MIDI」……3.9% 音楽のファイルの形式といえばこれだった!
第6位 「テレホ」……2.7% 深夜から早朝までの時間にインターネットしてました!
第7位 「ICQ」……1.8% リアルタイムにメッセージが交換できるソフト。
第7位 「リク」……1.8% リクエストすることを縮めてこう呼んだ!
第9位 「テキストサイト」……1.2% 日記系面白サイトを自分で作るのが大人気でした。
第10位 「その他」…1…0.3%

第1位は43.5%で「2000年問題」でした! 
ノストラダムスの大予言とともに、世界中で大騒ぎになりましたよね。
1999年が終わる前にと、いろいろなデータを急いでバックアップした人も多いのでは?

第2位には24.5%で「カキコ」。
現在のようにブログやSNSが流行る前、交流の場は専ら掲示板だったものです。
「記念カキコ」も流行りましたよね。

第3位には11.2%で「キリ番」がランクイン。
お気に入りのサイトのキリ番を狙うために、リロードを繰り返す人が続出しましたね。

第4位の「ネチケット」も、今ではほとんど耳にする機会が減りました。

第5位以下の「MIDI」や「テレホ」、「ICQ」に「テキストサイト」などは、一部の人にとっては涙が出るくらい懐かしいのではないでしょうか?

今に比べて、制限も多かったあの頃。わからないことだらけだったけれど、それでも勉強しながら楽しんでいた人も多かったのではないでしょうか。

この機会に、ネット初心者だったあの頃を振り返ってみては? 
きっと、時代の流れや今の便利さに感動することもあるはずですよ!

※『escala cafe』にて2009年12月にWebアンケート。有効回答数331件(escala cafe会員:21歳~29歳の働く女性)。

【 2010年02月26日(金) 】

ニュース記事


「2000年問題」か、懐かしいな。
それまでの西暦年は、XX年という下2桁に上2桁に当たる19を追加して19XX年と表記していました。
だもんで、1999年の次は1900年になってしまう。
そのため、2000年になったとたんにコンピュータが混乱して狂いだすって言うんで、1999年12月31日の23時ごろまでにそれまでのPCデータをせっせとバックアップしたものです。
2000年1月1日の朝、ドキドキしながらパソコンの電源を入れて、無事に起動して各ソフトが使えることが確認できた時には、ホッと胸をなでおろしたものです。
何たって、世界中のコンピュータが誤作動を起こして、飛行機は墜落するわ、電車は脱線するわ、各種ミサイルも飛び出して第3次世界大戦が起きるかも、なんて、ゾッとする話ばかりだったな。
この時には世界中でプログラムの修正が行われて、世界の破滅は無事に免れました。

「テレホ」も懐かしいな。
昔はインターネットにつなぐのは、今でいうアナログ回線しかなかったもので、通信料がバカ高くなってしまう。
そのために、毎日23時から翌05時までの割引サービス「テレホーダイ」というサービスをNTTがやっていました。
自分も「テレホーダイ」を利用して、インターネットにつないでいました。
今は、光ファイバー回線(FTTH)なので、いつでもインターネットにつなぐことが出来るけどね。

あと、ビックリしたのは、2位の「カキコ」と3位の「キリ番」。
これが死語と言うか、「懐かしい言葉」になっちゃうのか。
いまだに良く使われていると思うのにな。

それにしても、たった10年で技術がずい分進んだものだ。
これから先の10年でどのようになるか、想像もつかない。
もしかしたら携帯電話も、小さなペンダントみたいなものになったりしてね。


インターネットの光と影Ver.4
インターネットの光と影Ver.4
~被害者・加害者にならないための情報倫理入門~



↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

"「懐かしいと思うネット用語」ランキング" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント