テーマ:子供

中国の教員試験の“難問”

「生徒からラブレターをもらったらどうしますか?」など、実際にありうる出来事を設問にしたようです。 先日、中国各地で催された教員資格試験でのこと。 筆記試験通過者を集めて面接試験が行われたのだが、そこでは「生徒からラブレターをもらったらどう対処しますか?」といった意表をつく質問が数多く投げかけられ、受験者を困惑させたという。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライターの販売規制

「100円ライター」と呼ばれる使い捨てライターは2011年9月27日(火)以降、点火レバーを固くするなどの安全対策を施したものしか販売できなくなります。 子どもの火遊び事故を防ごうと、経済産業省が2010年12月に導入した安全規制(子供の火遊びを防ぐための「チャイルドレジスタンス(CR)機能」)が付いていない使い捨てライターが、9…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

子どもの名前は?

子供が生まれると最初に名前を付けることになりますが、両親の間で好みが違う場合、どうにかリストアップした中から妥協しなければいけません。 オーストラリアの夫婦がどうしても子供の名前で合意に至らず、裁判にもつれたというニュースがありました。 オーストラリアで生まれたこの女の子は、なんと2歳になっても出生届が提出されませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

双子を一週間おいて別々に出産

双生児の誕生時間は普通、そんなに時間差はないはずなんですが・・・。 アメリカ・オハイオ州ノースカントン在住のジェニファー・レンツさんは2010年3月22日(月)、病院を訪れた際に陣痛が始まった。 予定日の12週間前だったが、レンツさんは体重1ポンド13オンス(約823g)の女児を無事出産した。 ところが出産の途中、医師…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっぱり999は奇跡の数字

「999」というと、「銀河鉄道999」を連想しますが、この夫妻にとっては違うようです。 2009年9月9日(水)、アメリカ・ウィスコンシン州ラクロス在住のチャック・ベレンデス氏夫婦に3人目の子供が誕生したが、この日は夫婦にとって絶対に忘れることの出来ない一日となった。 赤ちゃんが生まれてきたのが2009年9月9日の午前9時9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この「たからのちず」だーれの?

「宝の地図を見つけた!」と思わず声を上げた船の乗組員。 神奈川県横須賀市の横須賀海上保安部の船着き場に、2009年4月に漂着したペットボトルの中から「たからのちず」と記された紙が見つかり、2009年5月7日(木)、同保安部が公開した。 小さな子どもの筆跡ながら、「たからのしるし」として、ドクロマークで3か所もの宝の隠し場所を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あまりにも器用な寝方

一見、男の子が普通にすやすや眠っているように見えますが・・・。 実は、ものすごい器用な寝方をしている映像をご覧ください。 ↓Ruben wdv funny baby sleeping (02分22秒) 足をピクピクさせながら、それでもベッドにしがみつき、何とか寝続けています。 終電を逃した酔っぱらいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そんなこと言ったってねぇ・・・

でもの腫れものところ嫌わずと言いますが、場所を考えたほうが良さそうです。 アメリカ・フロリダ州で、8年生 (日本の中学2年生の相当) の生徒が、おならをしたと責められてスクールバスの利用を3日間禁じられた。 バス運転手は、15歳の少年が月曜日バス乗車中におならをして他の子どもたちを笑わせ、息ができないほどの悪臭を発生させたと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私の名前は・・・

「私の名前は浦島太郎です。」 と言われたら、本気にするでしょうか。  でも、そんな名前の人が実際にいるようです。 アメリカ・オレゴン州に、有名な昔話の主人公と同じリップ・ヴァン・ウィンクルという名前を持つ男性がいる。 自己紹介をすると冗談を言っているのだと思われるが、しかしそれは本当に彼の出生証明書に記されている名前なのだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モンスター・ペアレント対策?

スイスのバーゼル・シュタット州が、「基本的な義務を果たさない親」に罰金を科すことを決定した。 ここでいう、親の基本的義務には、 子供の登校時間や食事・睡眠の管理など、 日常的な項目も多く含まれており、そのマイクロ・コントロールぶりに親たちも驚いている。 こうした法律が生まれた背景には、同国で移民家族の生徒の父親が教師を殺…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

野村香ちゃんはいまどこに

17年前に失踪した少女は今どこにいるのでしょうか。 17年前に行方不明になった神奈川県横浜市旭区本宿町の野村香さん( 失踪 ( しっそう ) 当時8歳)が、25歳になった姿をイメージした似顔絵を、神奈川県横須賀市湘南国際村の画家・須藤 真啓 ( すどう・もとあき ) さん(58)がパソコンで描いた。 2009年3月11日(水…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「読書するのに最も変わった場所」コンテスト

息子の通学している学校の催しに協力したばかりに・・・ イギリスのロンドン警察は2009年2月12日(木)までに、2人の息子を自宅の煙突の上に座らせたとして、教会の司祭を務める父親(52)を児童虐待の疑いで逮捕した。 この父親は、「読書するのに最も変わった場所」を競い合う学校の催しのために、8歳と7歳の息子をロンドン南東部にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指を24本持った赤ちゃん産まれる

アメリカ、サンフランシスコにある聖ルーク病院で、両手両足それぞれに完全に機能する6本の指が生えた赤ちゃんが生まれました。 名前はカマニ・ハバードちゃんです。 「カマニが生まれた時、最初は指が6本ずつあることに気づかなかったわ」とお母さんのミリョーキ・グロスさんは語ります。 それぐらい完璧に整っていたのでしょう。 カマ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ペルーのマリアさんが聖夜に出産 名は

赤ちゃんの誕生は嬉しいものですが、世界中の人が祝ってくれるなんて素晴らしいですね♪ 処女マリアがクリスマスに男の子を出産し、その子をイエスと名づけた──。 そんな新約聖書の出来事が再来した、とペルーの国営通信が2008年12月26日(金)報じた。 この女性は、ペルー人のビルヘン(処女)・マリーア・ウアルカヤさん(20)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いまどきのサンタとの別れどき

クリスマスシーズンになると、よく聞かれるのが、「いまの子でもサンタを信じているものなの?」といった疑問だ。 そこでまず、身のまわりの母たちに質問を投げかけてみたところ、小学生の、特に低~中学年の親は、ほとんど「信じてる」という回答だった。 ただし、その理由は、それぞれのようで……。 「お友達に『サンタなんていないんだよ。ホ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

早速、赤ちゃんの名前に「オバマ」ブーム

2008年11月4日(火)のアメリカ大統領選で圧勝して、初の黒人大統領となるバラック・オバマ氏にちなんで、赤ちゃんの名前を「オバマ」とする親が増えているそうです。 民主党のバラク・オバマ候補が勝利した2008年のアメリカ大統領選を受け、オバマ氏の父親の母国ケニアや米国では、赤ちゃんにオバマ氏にちなんだ名前を付ける親が増えている。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハロウィンの悲劇

「おかしか、いたずらか」  ハロウィンの夜は家々の玄関先で聞かれる合言葉ですが、ある一軒の家で悲劇へと変わりました。 ハロウィーンの2008年10月31日(金)夜、アメリカ・サウスカロライナ州サムターで、仮装し家々を回っていた12歳男児が強盗に間違われ、自動小銃で30発近く銃撃され死亡した。 クエンティン・パトリック容疑…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

この50年間で大変な世の中に

1年が過ぎるのも早いですが、物事の移り変わり方もまた激しいものです。 10年ひと昔とは言いますが、50年ともなると法律や考え方まで大きく変化してしまうようです。 生まれた時代が悪いのか、悪人が増えて規則が増えたのか、50年前と今との違いを、シナリオ別にアメリカのケースでご紹介します。 シナリオ1 ジャックは学校に行く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

その時父親は・・・

娘の部屋で全裸の少年を発見したら、どうすればいいんでしょう・・・ あたふた (((^^;)(;^^) ))あたふた  アメリカで、10代の娘の部屋で全裸の少年を見つけた父親(45)が、金属パイプで、娘の彼氏であるこの少年を殴りつける事件があった。 この彼氏、実は1年以上前から、少女の部屋にこっそりと通い続けており、父親はそん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どものころ、やりたくなかった夏休みの宿題って?

学校の夏休みもあと2週間となって、そろそろ慌てて宿題に取りかかる頃でしょうか。  夏休みが始まって、「学校に行かなくてもいいんだわーい!」と喜んでいる子どもを大人が見ると、羨ましくてたまりません。 とはいえ、「夏休みの宿題」は決して嬉しくないものです。 大人になった今、「あの宿題がイヤだったなあ」と本音で選んだ夏休みの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

13歳少女が未婚で出産 その母親は・・・

先週、30歳でお祖父ちゃんになった人の記事を紹介しましたが、今度は35歳でお祖母ちゃんになっちゃった人がいます。 ロシアの南部地域に住む13歳の少女が2008年5月、1人の女の赤ちゃんを産んだ。 その父親は19歳の少年で、検察によって起訴される見込みだという。 地元メディアが先日伝えたところによると、この少女の母親(3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エレベーターの警告を無視すると

きっかけはちょっとした好奇心からでした。 「エレベーターには一体何人の人が乗れるんだろう?」 そんな好奇心にかられた26人のアメリカの少女が一斉にエレベーターに乗り込んだところ、中に閉じ込められてしまった。 AP通信2008年8月6日(水)付の報道によると、大学のチアリーダーの練習に参加していた14歳から17歳の少女達…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

空港に「娘」を忘れる

忘れ物は数多くありますが、信じられない忘れ物です。。。 イスラエル・テルアビブの空港からパリへ家族旅行に出かけた夫婦が、娘を空港に置き忘れたまま飛び立った。 夏休みの家族旅行に出かけたイスラエルの夫婦が、3歳の娘を空港に置き忘れたままフランスに向け飛び立ってしまう騒ぎがあった。 イスラエル警察が2008年8月4日(月)、明…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

30歳にして祖父になった男性

えっ、30歳でお祖父ちゃん?! <(°д°;;) > 少子化が進み、30歳を過ぎて子供がいない人は珍しくなくなりました。  晩婚化で高齢出産も当たり前のようになって、40歳前後で初の子供というケースも増えています。 ところがイギリスで、30歳にしておじいちゃんになるという男性が現れたそうです。 現在2…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

校則違反すると囚人服を着せられるテキサスの高校

アメリカではほとんどの高校が制服ではなく私服ですが、私服と言ってもそれなりに校則による決め事があります。 テキサスのとあるハイスクールで、その校則に違反する者だけに着せる服を用意しているそうです。 その服というのが囚人服なのです。 Fox Newsによると、アメリカ・テキサス州にあるゴンザレス・ハイスクールでは、服装に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ラブラ犬「きな子」が児童に防犯指導

警察犬見習いの「きな子」は、別のところで活躍しているみたいですね。 警察犬の試験に4回落ちたが、頑張る姿が人気の「きな子」(ラブラドルレトリバー、6歳)が2008年7月28日、香川県観音寺市の小学校の防犯教室に登場、児童に“防犯指導”した。 2008年5月に2回目の出産をして2008年6月まで産休していたきな子。 この…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

女子中学生がキックで熊を退治

マサカリ担いだ金太郎さんも顔負けの出来事かも。(;^_^A 2008年7月20日(日)午前4時ごろ、北海道目梨郡羅臼町にある羅臼温泉野営場にヒグマが現れ、北海道北見市の女子中学生(12)らが寝ていたテントを襲った。 ヒグマはテントを外から押し続け、中学生が内側からキックで応戦すると、ささやぶに逃げたという。 テントは約50…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

子供の好奇心がとんでもないことに

子供らしいことって、やっぱり、“好奇心旺盛”が第一に挙げられることだと思いますが、ちょっと困った事態になることも・・・。ヾ(;´▽`A``アセアセ オーストラリアのビクトリア州ベンディゴで、2歳の男の子が浴槽の排水口に水が吸い込まれるのに興味を持ち、指を2本突っ込んだところ抜けなくなった。 消防隊や救急隊が駆け付けて約6…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

通報者の少女に説明できない事態

イギリスのニューキャッスルで、9歳になる娘が昼寝から目を覚ますと、母親の叫び声が聞こえてきました。 少女は母親が攻撃されていると思い、助けを求めて警察に電話したのですが… もちろんすぐに警官は出動し家まで駆けつけてきました。 すると絶叫を聞いた娘が想像した夫婦喧嘩ではなく、二人は愛のひと時を過ごしていたのです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コピー機が原因で“内臓丸見え”に

妊娠中はいろんなことに気をつけなければなりませんが、まさかここまでとは。。。(-_-;) 2008年6月19日(木)午後3時、赤ちゃんを乗せた救急車が1台、中国・安徽省(あんきしょう)から江蘇省(こうそしょう)の南京児童医院に到着した。 両親の話によると、この子は20時間前に生まれたばかり。 しかし「自分の家族にはとても見…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more