テーマ:出来事

Googieストリートビューの車に遭遇

車で移動中に、うわさのあの車に出会いました。 車で移動中に、交差点で信号待ちをしていると、横の通りからあのGoogieストリートビュー車がスーッとこちらの方に曲がって来て、びっくりしました。 これがUFOなら、「第一種接近遭遇」と言うのでしょうか。 ↓本当にこんなのが屋根に乗っていました。 ↓車種はトヨタのプ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

警察職員が共同で買った宝くじが大当たり!

ハンガリーの首都、ブダペストのブダオルシュという街で、街から警官が一斉にいなくなる事件がありました。 2009年10月13日(火)、ハンガリーで、とある宝くじの当選結果が発表されました。 その額はなんと、ハンガリー史上6番目となる22億フォリント(11億1624万2600円)。 その宝くじを当ててしまったのが、ブダオルシュ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっぱり999は奇跡の数字

「999」というと、「銀河鉄道999」を連想しますが、この夫妻にとっては違うようです。 2009年9月9日(水)、アメリカ・ウィスコンシン州ラクロス在住のチャック・ベレンデス氏夫婦に3人目の子供が誕生したが、この日は夫婦にとって絶対に忘れることの出来ない一日となった。 赤ちゃんが生まれてきたのが2009年9月9日の午前9時9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同姓同名カップル

誰もが、一度は検索したことがあるだろう自分の名前。  もし、自分と同じ名前の人がいたら、どうしますか?  ありふれた名字と名前の組み合わせでなければ、実社会で自分と同姓同名の人物に出会う機会は少ないが、ネットを検索すると意外と出てくるもの。 特に近年は実名で登録するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などの存在…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

世界で一番幸せな国はどこ?

イギリスのシンクタンク新経済財団( New Economics Foundation以下NEF )が全世界143ヶ国を対象に国別の幸福度指数(HPI)を調査した結果、中米のコスタリカが76.1点で1位となった。 幸福度指数は、生活の満足度と環境汚染の指標などを評価するもので、コスタリカは2006年の調査でも高い評価を受けて上位に入…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

強盗撃退に役立つかも

これから、タクシードライバーの必需品となるかもしれませんね。 アメリカ・シカゴ郊外のエルジン警察によると、客として乗せた男に金を奪われそうになったタクシー運転手が脱臭スプレーで反撃、強盗撃退に成功したという。 この男、ナイフで運転手を脅迫したが脱臭スプレーに“敗北”。 さらに、凶器のナイフを現場に落として逃走した。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この「たからのちず」だーれの?

「宝の地図を見つけた!」と思わず声を上げた船の乗組員。 神奈川県横須賀市の横須賀海上保安部の船着き場に、2009年4月に漂着したペットボトルの中から「たからのちず」と記された紙が見つかり、2009年5月7日(木)、同保安部が公開した。 小さな子どもの筆跡ながら、「たからのしるし」として、ドクロマークで3か所もの宝の隠し場所を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「なせば成る」を実現した猫

道がなければ自らの足で切り開けばいい、とはアントニオ猪木さんの言ですが、物事を成し遂げるには大きな意志が必要です。 そして、それは人間だけではないようです。 出来ないとか届かないとかは、挑戦してみないとわからないのだと、身をもって体現してくれた猫がいました。 映像をご覧ください。 ↓Parkour cat (00…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エビの誘惑

人間、誰しも好きなものはありますが、時には誘惑に打ち勝つことも必要なのではないでしょうか。 どうやら、エビがその男(46)の弱点だったようだ。 警察によると、2009年3月に入って4回、同じスーパーマーケットで冷凍エビを盗んだ男が、アメリカの2つの州で複数の犯罪で指名手配されている男と同一人物であることがわかった。 男…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

血液型診断好きな日本人

日本人はどうして、こんなに血液型診断が好きなんでしょうか。 血液型別に行動や性格を分析した『自分の説明書シリーズ』が累計540万部を突破するなど、根強い人気の血液型診断。 自分が幼いころから日本では「A型の人は几帳面」など、血液型ごとにステレオタイプな性格イメージが定着している気がするけれど、これっていつごろ生まれたんでしょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

死者への請求書

ドイツで、“テレビジョン”というものがない時代に鬼籍に入った人物に、テレビ視聴料の長期滞納の請求書が届きました。 450年前に死去したドイツの数学者あてに、長年滞納されているというテレビ受信料の請求書が届いた。 この数学者の生前の住所の居住者が2009年3月11日(水)、明らかにした。 放送受信料徴収センター(GEZ)から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

警察官になりたかった強盗犯

よほど警察官に憧れていたんでしょうね。。。  飛んで火にいる夏の虫」ということわざがありますが、今回お伝えするニュースも、自分がまいた種とはいえ、実にその通りなお話です。 アメリカ・カルフォルニア州b南部のサンディエゴで、強盗の容疑者だった男がノコノコと警察署に出向いたところを逮捕されました。 自首するようなつもりではなく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

監督が明かす… もうひとつの「おくりびと」

第81回米アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した「おくりびと」。  聞き慣れない“納棺師”という職業に就いた男を主人公にしたストーリーで注目を集めたが、滝田洋二郎監督(53)は当初、全く別の「おくりびと」を考えていたという。 幻と消えたもうひとつの「おくりびと」とは・・・。 本木雅弘(43)演じるチェロ奏者が失業し、故郷に戻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間違ってトイレに流したモノ

こんなもの間違うか~~~!!! セルビアで男性が自身の性器を誤って切断し、トイレに流してしまうという前代未聞の“事故”が起きた。 英国やオランダなど各国のメディアが伝えた。 この何とも不注意な男性は、同国ニシュに住むRatko Dudicさん(45)。 Dudicさんは病院で治療を受けており、命に別条はないもよう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お年玉付き年賀状の当せん番号決定!

お年玉付き年賀はがきや切手の抽せん会が2009年1月25日(日)、東京都港区の複合施設「アクアシティお台場」で開かれ、タレントの「オリエンタルラジオ」らが出席し、にぎやかにお年玉賞品の当せん番号が決まりました。 1等の本数は、4155本で100万本に1本の割合。 賞品は、液晶テレビやマッサージチェアなど6点から1点を選ぶ。 2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「騙されたふり作戦」初成功!

最初に聞いた時、とても成功するとは思えなかったのですが・・・。  まずは、1月20日に発表されたこちらの記事から。 神奈川県警は2009年1月19日、振り込め詐欺対策として、神奈川県警職員や家族らが電話に従うかのように装う「騙(だま)されたふり作戦」を2009年2月から実施すると発表した。 容疑者との接触予定場所などの通報…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

物体を空中浮揚させる方法を発見!

SF映画によく出てくる技術が現実になる?! アメリカの科学者らが2009年1月7日(水)、量子力学の原理を利用して小さな物体を空中に浮揚させる方法を発見したと明らかにした。 小型のナノテクノロジー装置の製作などに利用できる可能性があるという。 英科学誌ネイチャーで発表した。 アメリカ・ハーバード大学で応用物理学を研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人が雪かきすると違法?!

2008年末に大寒波が訪れた米国では、テキサスやカルフォルニアでも積雪が観測されるなど、ちょっとした異常気象となりました。 慣れない雪に、多くの都市で交通渋滞が起こるなど、なにかと大変だったようです。 アメリカ・ワシントン州の町、スポケーン・バレーでも記録的な雪が降り積もり、仕事や学校に行こうにも家から車を出せない人が続出し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

双子に聞くのを避けるべき10の質問

双子が誕生する確率は、人種を問わず1000組のうち4組ほどだそうです。 あまり頻繁に見かけることはありませんから出会ったときに色々な質問をしたくなりますが、中には当たり前すぎて双子の気分を害したりする質問があるようです。 では、どのような質問を避けるべきなのでしょうか? 1.「恋人を騙そうとしたことある?」 どの双子…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリスマスは12月25日じゃない!?

最新の研究によると、キリストの生誕は12月25日ではなく、実は6月17日ではないかという説が出てきました。 キリストが生まれたときに輝いたという「ベツレヘムの星」が大きなカギとなったようです。 キリスト生誕の日については諸説あり、 「12月だと『羊飼いが野宿をしていた』という聖書の記述に無理がある」 「同時期の歴史書と付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年 「今年の創作四字熟語」

住友生命保険は2008年12月11日(木)、今年の世相を漢字4つで振り返った「創作四字熟語」の優秀、入選作を発表しました。 映画「崖の上のポニョ」の主題歌が街にあふれた「四面魚歌」(四面楚歌)や、 お笑いタレントのエド・はるみさんのギャグ「グー」を連発した「グ美人走」(虞美人草)、 患者のたらい回しで妊婦死亡など悲劇が続いた「…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

キッスにご用心

恋人たちの情熱的なキスも、過ぎると大変なことに。 中国で20代の女性が、恋人からの過剰に情熱的なキスで鼓膜が破れ、片耳の聴力を失うという事故が起きた。 チャイナ・デーリーが地元紙の報道として2008年12月8日(月)に伝えた。 同紙によると、中国・広東省珠海市(かんとんしょう・じゅかいし)の20代の女性は病院に行ったが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

裁判員候補者が続々と誕生

2009年5月の裁判員制度開始に向け、最高裁が11月28日(金)に発送した裁判員候補者名簿への記載通知が届き始めています。 受け取った人から驚きや戸惑いの声が上がっている。 「仕事の片手間にやるようなことではない」、「書類を読むのが面倒」、「面白そう…」。 突然訪れた「人を裁く」可能性。 重圧からか消極的な意見も多かった…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「裁判、適当にされた」と控訴

判決は不服じゃないのに控訴(2審)に進む、ずい分と珍しいケースです。 強盗殺人未遂罪などに問われ、高松地裁の即日判決で懲役10年とされた塗装工、大津正人被告(21)の控訴審第1回公判が2008年11月18日(火)、高松高裁であった。 「一審は1日で全部終わった。裁判は適当にされた」との被告の控訴理由が明らかにされた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もしクマさんに出会ったら

♪ある日森の中くまさんに出会った♪ なんて歌がありますが、もし、本当に出会ったらどうしますか。 秋も深まってきたが、まだまだ熊出没の季節。 ところで、熊にあったときの対処法として、近年は「死んだフリは逆効果」というのが、常識として知られるようになっている。 理由は、「熊もビックリして襲う」とか、「死んだフリをしていると…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネコと間違われたユキヒョウの続報

2008年11月14日(金)に記事にした、ユキヒョウの続報です。 2008年11月14日(金)、新疆ウイグル自治区の牧畜民が2匹の“子猫”を連れ帰り育てたところ、国家1級保護野生動物の「ユキヒョウ(雪豹)」であることが判明した、という「亜心報」の報道が中国で大きな反響を呼んでいる。 2008年5月、中国の新疆ウイグル自治区グ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴルゴ13」の最終回が構想段階!

このほど連載40周年と単行本150巻を迎えた、「ゴルゴ13」の最終回が標的に入っているらしいです。 アクション漫画「ゴルゴ13」の連載40周年と単行本150巻を祝うパーティーが2008年11月13日(木)、都内で行われ、著者・さいとうたかを氏(72)が、すでに最終回の構想を固めていることを告白した。 ダブルのスーツにハットと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

可愛い仔猫だったのに

可愛い仔猫を拾ったつもりだったのに・・・ 2008年11月12日(水)、中国の亜心網によると、新疆ウイグル自治区の牧畜民が、草原で2匹の“子猫”を拾い飼っていたが、成長するとまるで豹のような姿に… 専門家の鑑定で、国家1級保護動物の「ユキヒョウ(雪豹)」と判明した。 ユキヒョウと知らずに“猫”を飼っていたのは、中国・伊…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「世界一長いひげ」目指す男性

カナダで、地面に届くほどの長いひげの男性の姿が撮影された。 Sarwan Singhさんのひげの長さは1メートル89.5センチで、「世界一長いひげ」でギネス世界記録更新を目指している。 Singhさんは、公式測定を前に念入りにひげをとかすなどしていた。 [カナダ・ブリティッシュコロンビア州サレー 2008年11月11日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大変だ!道路に点々と血痕が・・・ 

道路に点々と残る血痕をたどって行って、そこで見たものは・・・ スイスの警察は最悪の事態を覚悟した。 2008年11月3日(月)夜、「道に点々と血痕が残っている」という、恐怖に怯えたドライバーの緊急通報を受け、現場に急行したのだ。 なにか凶悪な犯罪が起きたようだった。 警官たちは約20キロにわたって血痕を追い、ケッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more