テーマ:

昔からある論争

「何で本は読まなきゃいけなくて、漫画はダメなの?」 「そもそも漫画と本の違いって?」  13歳の中学生が東京新聞に寄せた投書が、反響を呼んでいる。 60歳の男性が「本は思考力を養う」と読書を勧めると、47歳女性が「思考力は本でも漫画でも養われる」と反論。 古くて新しいこの論争、漫画や本の世界に携わる人たちはどう考える? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

火の鳥《オリジナル版》復刻大全集 全12巻

ファン悲願のオリジナル復刻版発売! 手塚治虫が“生命と愛と死”をテーマに、足かけ35年間にわたって描いた大作「火の鳥」。 これまで発売されてきた単行本は雑誌連載時から改編が加えられていることが多く、ファンの間では初出時を再現したオリジナル版の刊行が長らく待たれていた。 その悲願を叶える「火の鳥《オリジナル版》復刻大全集」が、復…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブログネタ:一番手こずった「夏休みの宿題」といえば?

そりゃあ、やっぱり、『読書感想文』でしょう。 夏休みの宿題はどれもイヤだったけど、いつも一番最後まで残るのが、『読書感想文』だった。 漫画や小説など、結構たくさん本は読んでいたんだけど、感想文となると、話しは別。 第一、お互い同じ本を読んだ相手とだったら話しやすいし、“自分はこう思った”とも言いやすいんだけどね。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『万能鑑定士Qの事件簿』

今回は、最近読んだ本の紹介です。 松岡圭祐の最新シリーズ「万能鑑定士Qの事件簿」、通称<Qシリーズ>の登場です。 松岡圭祐と言えば、「千里眼」シリーズの岬美由紀が有名ですが、岬美由紀とはちょっと違う、親近感とヒューマニズムに溢れたニューヒロイン、凜田莉子(りんだ・りこ)が活躍します。 主人公の凜田莉子(りんだ・りこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本棚を覗くと (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 本棚を覗くと「小説と実用書とマンガ、どれが一番多いですか?」 さぁて・・・ 小説と漫画が半々かなぁ。 実用書はほとんどないなぁ。。。 あ、広辞苑とか事典のたぐいはあるけど、あとはPCのマニュアル本とか各ソフトの解説本くらいかな。 小説のジャンルは、推理小説やSF、ファンタジーが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NHKの朝ドラ 今春から8時開始に

NHKの朝ドラの放送時間が変更になるようです。 NHKは2010年1月20日、今年3月29日(月)から朝のニュースを13分短縮し、新しく始まる連続テレビ小説(朝ドラ)「ゲゲゲの女房」(主演:松下奈緒(24))を、現行の午前8時15分から8時に繰り上げて放送すると発表した。 放送時間の変更は48年ぶり。 日向英実放送総局長は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書店で文庫本の応募券だけを盗んだヤツ

こんなヤツ許せません。  ホテルの宿泊券などが当たる懸賞の文庫本の応募券を表紙カバーからカッターナイフの刃で切り取って盗んだとして、警視庁成城署は窃盗の現行犯で、東京都三鷹市北野在住、無職の佐藤貴之容疑者(29)を逮捕した。 成城署によると、応募券は1枚80~100円程度で売買されているといい、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

聖書に書かれていたのは・・・

「聖書」・・・ それはユダヤ教やキリスト教の聖典ですが、信仰とは関係なく人生の指針としている人も大勢いることでしょう。  また、「聖書の暗号」など、そこに何らかの規則性も見出す人もいます。  聖書には隠された謎があるのかもしれません。  塩酸メタンフェタミン(覚醒剤)の精製方法がこっそり記載されていた場所… …それは新約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血液型診断好きな日本人

日本人はどうして、こんなに血液型診断が好きなんでしょうか。 血液型別に行動や性格を分析した『自分の説明書シリーズ』が累計540万部を突破するなど、根強い人気の血液型診断。 自分が幼いころから日本では「A型の人は几帳面」など、血液型ごとにステレオタイプな性格イメージが定着している気がするけれど、これっていつごろ生まれたんでしょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私の名前は・・・

「私の名前は浦島太郎です。」 と言われたら、本気にするでしょうか。  でも、そんな名前の人が実際にいるようです。 アメリカ・オレゴン州に、有名な昔話の主人公と同じリップ・ヴァン・ウィンクルという名前を持つ男性がいる。 自己紹介をすると冗談を言っているのだと思われるが、しかしそれは本当に彼の出生証明書に記されている名前なのだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「読書するのに最も変わった場所」コンテスト

息子の通学している学校の催しに協力したばかりに・・・ イギリスのロンドン警察は2009年2月12日(木)までに、2人の息子を自宅の煙突の上に座らせたとして、教会の司祭を務める父親(52)を児童虐待の疑いで逮捕した。 この父親は、「読書するのに最も変わった場所」を競い合う学校の催しのために、8歳と7歳の息子をロンドン南東部にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴルゴ13」の最終回が構想段階!

このほど連載40周年と単行本150巻を迎えた、「ゴルゴ13」の最終回が標的に入っているらしいです。 アクション漫画「ゴルゴ13」の連載40周年と単行本150巻を祝うパーティーが2008年11月13日(木)、都内で行われ、著者・さいとうたかを氏(72)が、すでに最終回の構想を固めていることを告白した。 ダブルのスーツにハットと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「世界一長いひげ」目指す男性

カナダで、地面に届くほどの長いひげの男性の姿が撮影された。 Sarwan Singhさんのひげの長さは1メートル89.5センチで、「世界一長いひげ」でギネス世界記録更新を目指している。 Singhさんは、公式測定を前に念入りにひげをとかすなどしていた。 [カナダ・ブリティッシュコロンビア州サレー 2008年11月11日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館の蔵書が約28万冊も行方不明に

図書館の本がたくさん行方不明になっている。 2007年度に全国主要都市の公立図書館で行方不明となった本が計約28万4000冊にのぼり、被害額は約4億1000万円と試算されることが読売新聞の調査で分かった。 大半が無断で持ち出されたとみられ、本の表紙だけ残して中身を抜き取る手口が目立つ。 警報装置付きの防犯ゲートを設置し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

手塚治虫マガジン倶楽部

手塚治虫の漫画がインターネットで読めるよ♪ ヽ(^o^)丿 ソフトウエア開発のベンチャー、SOBA(ソーバ)プロジェクト(京都府京都市)は2008年7月10日(木)、故・手塚治虫さんの漫画作品を読むことができる会員制ウェブサイト、「手塚治虫マガジン倶楽部」を開設したと発表した。 手塚さんの生誕80周年を記念し、「鉄腕アトム」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代版「人間椅子」

江戸川乱歩の「人間椅子」は名作ですが、これはどうでしょうか。(´-ω-`;)ゞポリポリ 女性宅にあったソファに穴を開け、なんとその中に隠れて女性の帰宅を待っていた男が逮捕された。2008年6月19日(水)の夜、帰宅した女性(22)がソファに腰掛けたところ、何やらいつもと違う座り心地で違和感を覚えたという……。 驚いた女性がソ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地震 大量の本に埋もれて死亡?

これも地震の被災者ということになるんでしょうか。 宮城県警は2008年6月16日(月)、宮城県仙台市青葉区の男性会社員(37)が2008年6月14日(土)の岩手・宮城内陸地震で災害死した疑いがあると発表した。 宮城県警によると、男性は同区内の自宅アパートで、崩れた数百冊以上のマンガや雑誌など書籍の下敷きになって死亡。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ジュセリーノの予言

あのジュセリーノへのインタビューが東京で行われたそうです。 アメリカの9・11テロやスマトラ沖地震についての予知を的中させたとされるブラジルの予知能力者、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース氏(48)が来日し、2008年5月14日(水)、東京都内でイザ!編集部のインタビューに応じた。 同氏は2008年5月12日(月)発生…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドラえもんの道具は実現可能か!?

「ドラえもん大好き!!」 このひと言に尽きる楽しい1冊です。 東京工業大学理学部工学科で微分幾何学、数理物理学などを学んだ著者が、ドラえもんに出てくる道具を科学的に解明した本。 著者がドラえもんを読み解いたところ、作者の藤子・F・不二雄は科学をよく理解していたようだ。 四次元ポケットやタケコプター、タイムマシンなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「心の目」で写し続ける

眼が見えなくても、こんなに素晴らしいことが出来るようです♪(⌒▽⌒)b 音を頼りに撮った写真が話題を集め、全国各地で写真展を開いた横浜市立盲特別支援学校(神奈川県横浜市神奈川区)の子どもたち23人が、2冊目となる写真集「キッズフォトグラファーズ 盲学校の23人が撮った!」を出版した。 2008年5月の連休に、東京・渋谷区…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「万引防止の漫画まねた」

なんだかなぁ・・・ (。_。;)゜:。アセ 滋賀県警守山署は2008年3月11日(火)までに、万引防止を呼び掛ける漫画を悪用し、40冊を万引きしたとして、窃盗の疑いで滋賀県野洲市の中学3年の女子生徒2人=いずれも(15)=を書類送検した。 「一度に大量に盗めると漫画を読んで知った。 防犯カメラの位置の調べ方も参考にした」と供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リボンの騎士」がリメイク

手塚治虫氏の「リボンの騎士」がリメイクされるそうです。 故・手塚治虫(てづか おさむ)さんのマンガ「リボンの騎士」が、2008年4月3日に発売の、月刊マンガ誌「なかよし」5月号(講談社)で、41年ぶりにリメイクされることが明らかになった。 手塚さんの原作で、アニメ「もやしもん」「ヤッターマン」などを手掛ける高橋ナツコさんがシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ホームレス中学生」が大学入試問題に

漫才コンビ「麒麟」の田村裕(28)の小説「ホームレス中学生」が大学入試の問題になっていたことが2008年2月22日(金)に分かった。 小説は約200万部のベストセラーになり、2008年1月には漫画本「コミック・ホームレス中学生」が発売。 映画化、ドラマ化、舞台化・・・ さまざまな展開が企画される中、「受験生にも親しみのある…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

探偵 シャーロック・ホームズは実在している?!

世界的な名探偵シャーロック・ホームズは、アーサー・コナン・ドイル卿が生み出した架空の人物なのですが、実在していると思っている人が、かなりいるようです。 英国人の約4分の1が、ウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)元首相は伝説上の人物で、 約半数がシャーロック・ホームズ(Sherlock Holmes)は実…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「ホームレス中学生」ブームはまだまだ続く

麒麟の田村裕の書いた小説「ホームレス中学生」がすごい人気なんですよね。 お笑いコンビ「麒麟」の田村裕(28)のベストセラー小説「ホームレス中学生」が、「コミック ホームレス中学生」として2008年1月17日に発売されることになった。 田村は「漫画に魂がこもっていて僕自身が感動した」と、コミック化に大喜びしている。 中学…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「十津川警部 影を追う」

最近、「十津川警部シリーズ」(著:西村 京太郎)を読んでいるのですが、その中の1作に、とてもゾーッとしました。 と言っても、ホラー小説ではないです。 このシリーズは、タイトルから分かるように、刑事が事件(殺人事件)を解決する物語です。 これだけでは、当たり前なのですが、捜査であちらこちらの地方に出張したり、鉄道をアリバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖書がわいせつ本?

香港で、キリスト教の聖典である聖書がわいせつ本か否かの論争がわき起こっている。 香港で、学生誌に掲載されたコラムが当局に「わいせつ」だと判断されたことをめぐり、論争が起きていたが、この論争に聖書が引き合いに出され、さらに騒ぎが拡大している。 このコラムが「わいせつ」なら、セックスと暴力に関する記述がある聖書もわいせつ文書…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ラブラドールの誓い

最近、「ラブラドールの誓い」(マット・ヘイグ (著)、天野隆司 (翻訳) )という小説を読んで、久々に感動しました。 普段は推理小説とかSF、ファンタジー小説などを読んでいますが、本屋でパラパラと眺めたら面白そうだったので買って見ました。 内容紹介: 『ラブラドールの誓約』 第一条 “何よりも義務を果たせ” ~人間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「芋たこなんきん」の平均視聴率ダウン

NHK朝ドラ・「芋たこなんきん」の平均視聴率が出ました。 3月31日に終了した2006年度下半期のNHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)「芋たこなんきん」の期間平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、以下同)が関東地区で16.8%を記録していたことが4月2日、分かった。 朝ドラの期間平均視聴率は関東地区で、前々作の「風のハルカ」が1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハリー・ポッターの秘密がもれる!

なんと、現在最大の秘密になっているはずの、「ハリー・ポッター」シリーズの一部が洩れてしまった。 「ハリー・ポッター」シリーズ最終章への映画出演が正式に決まったダニエル・ラドクリフ(17)だが、誰もが知りたいストーリーの秘密を暴露してしまった! 最終章の原作「ハリー・ポッター・アンド・ザ・デスリー・ホロウ」は、7月21日…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more