テーマ:芸術

A.ヒトラーの水彩画 約400万円で落札!

第2次世界大戦で活躍(?)した、ドイツ・ナチス党の総統アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)の絵が、競売で約400万円の値段が付きました。 ドイツ・ニュルンベルクで2009年4月25日(土)、ナチス(Nazi)総統アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)が1914年に描いたとされる水彩画2点が競売にかけられ、個人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゴミから拾った絵が1億円で落札!

10月下旬に記事にした、ゴミから拾われた絵画に、なんと、1億円の値段がつきました。 約20年前にアメリカ・テキサス州の倉庫から盗まれ、近年になってニューヨークの街頭のごみの山から発見されたメキシコ人画家ルフィーノ・タマヨ(Rufino Tamayo)の絵画が2007年11月20日、競売大手サザビーズ(Sotheby's)のオークシ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ダ・ビンチの「最後の晩餐」、デジタル版がネットに

 レオナルド・ダ・ビンチ作「最後の晩餐」の高精細画像が、インターネット上にお目見えすることになった。 イタリアのデジタル画像処理会社HAL9000が2007年10月27日、同社のウェブサイトに160~170億画素の画像を掲載する。 本物の「最後の晩餐」は、ミラノにある教会に隣接する部屋の壁面に描かれているが、小説「ダ・ヴィン…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ごみの中から拾った絵画、1億円で落札の可能性

「捨てる神あれば拾う神あり」ということでしょうか。 アメリカ・ニューヨーク在住の女性がごみの中から拾った絵画が、2007年11月に行われる競売で100万ドル(約1億1400万円)相当の値が付くと予想されている。 この絵は、メキシコ人画家ルフィーノ・タマヨの傑作「トレス・ペルソナヘス」で、盗難されたものだった。 絵画を拾…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

トプカプ宮殿の至宝展

8月1日から始まった「トプカプ宮殿の至宝展」を見に、上野の東京都美術館に行ってきました。 いやぁ♪ 素晴らしかったです♪ ヽ(^o^)丿 朝日新聞のアスパラクラブで、今回のイベントの募集をしていたので応募したら見事に当選したんです。 1500組3000名をご招待ということでしたが、応募総数はどれくらいだったんでしょうかね。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ただの台座が芸術作品になる

英国の美術館で、彫刻を飾るための台座が間違って作品として展示されてしまうミスがあったそうだ。 台座は石で作られており、その上には骨の形をした枝がぽつんと置かれているだけのものだが、英国王立美術館はこれを作品と間違えて展示してしまった。 しかしその後、台座は本当に台座であり、作品ではないことが判明した。 実はこの台座、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more