テーマ:自動車

「24」のバウアー捜査官に実刑判決

2007年9月に飲酒運転で逮捕された、ドラマ「24」バウアー捜査官役のキーファー・サザーランドに実刑判決が下りました。 「24 TWENTY FOUR」のジャック・バウアーで人気を博しているキーファー・サザーランドに禁固48日の実刑判決が言い渡された。 2007年9月25日の深夜1時10分ごろロサンゼルス西部を酒気帯び運転で…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

信号無視した歩行者に違反切符

歩行者と言えど、違反は違反と言うことでしょうか。 アメリカ・ニュージャージー州ティーネックのトマス・ジェファーソン・ミドルスクールの生徒が、信号を無視して道を横断したとして警察から交通違反の切符を切られた。 警察は違反した生徒数名をパトカーの乗せて学校に連れて行き、保護者に連絡を取った。 生徒は11歳前後で、保護者たち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「24」のバウアー捜査官、飲酒運転で逮捕

アメリカ・テレビドラマシリーズ「24―TWENTY FOUR―」などで人気のカナダ人俳優、キーファー・サザーランド(40)が2007年9月25日、飲酒運転の疑いで逮捕された。 ロサンゼルスの警察当局は、サザーランドの車が2007年9月25日の深夜1時10分頃ロサンゼルス西部を走行中、違法にUターンしたのを確認し、ビバリーヒルズとウ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

死亡宣告の男性、解剖中に蘇生

ベネズエラで死亡宣告を受けた男性が、検視解剖による極度の痛みで目を覚まして蘇生するという事件があった。 高速道路で交通事故に遭ったカルロス・カメホさん(33)は、死亡宣告を受けた後に遺体安置所に搬送された。 そこで検視作業が開始されたが、カメホさんの体から出血が始まり、検視官らは間違いに気付いたという。 その後、検視官…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交通安全のための画期的な試み

ドイツのある街で、交通安全のために前代未聞の試みが行われる。 ドイツ西部の町の自治体が、交通の安全性を高める最良の策として、繁華街の信号や停止標識を取り払うことを決めた。 交通事故を減らし、歩行者が歩きやすい環境を実現するため、ボームテの町の中心部では、2007年9月12日から全ての信号・標識をなくす。 交通安全の向上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットで話題の「当て逃げ」男、ついに書類送検

車の「当て逃げ」の映像がユーチューブ上に公開され、インターネット上の掲示板「2ちゃんねる」で大騒動になっていた問題で、加害車両の所有者が書類送検されたことが明らかになった。 所有者は当初、事件当時に「車を貸していた」などと弁明、「当て逃げ犯」でないなどと主張していた。 警視庁竹の塚署は2007年8月2日、埼玉県川口市在住の自…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

窓越しに見えた“強盗”の正体は・・・

ドイツ・ブッパータールで、ある女性から警察に「マスクをした“強盗”がいる」との通報を受け、武装した警官隊が現場に急行した。 ところが、現場にいたのは強盗ではなく、大きなぬいぐるみだった。 警察によると、女性は深夜、室内駐車場に自分の車を取りにやってきた際、駐車しているバンの窓越しに強盗らしき人影を見たという。 不審に思…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

トウモロコシ畑で捕まえて

「ライ麦畑でつかまえて」はジェローム・デーヴィド・サリンジャーの有名な作品ですが、今回の事件は足元にも及びません。 オランダ南部ジューセンで6月22日、コカインでハイになった男(35)が車で逃走中にトウモロコシ畑を突っ切り、さらに警察車両2台が後を追ったため、作物に大きな被害が出た。 ヘリの支援を受けた警察は、男を追い詰…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

無事故・無違反・無免許で67年!

質問です。 自動車を運転する時に必要なものはなんでしょう?  A.度胸  B.慎重さ  C.運転免許証  オランダで、車の抜き打ち検査で84歳の男性ドライバーが引っかかった。 驚いたことにこのおじいさん、67年もの間、無免許運転を通していたという。 オランダのメディアによると、男性はこれまで無事故・無違反だっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

免許試験70回失敗、あげく「合格させないと爆破」

運転免許の試験にことごとく失敗した男。  彼の取った行動とは・・・。  普通運転免許の学科試験に合格させないと運転免許センターを爆破すると脅したとして、埼玉県警鴻巣署は6月8日、職務強要の疑いで、埼玉県朝霞市本町、無職・川島一容疑者(42)を逮捕した。 川島容疑者は運転免許の学科試験に70回以上も不合格となっており「ど…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

猫のために3900キロをタクシーで引越し

ネコのためにと、ここまでする人がいるとは・・・。  アメリカ・ニューヨークの老夫婦が約3900km先のアリゾナ州に引っ越すため、タクシーをチャーターした。 料金は、通常より安いとはいえ3000ドル(約35万円)だ。 夫婦は、2匹の飼い猫を飛行機には乗せられないと、タクシーを使うことに。 通り掛かりの運転手に初めは冗談…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ナイトライダー」の車ナイト2000、売りに出される

「ナイトライダー」で使用された1982年式のトランザムがカリフォルニア州の中古ディーラーで売りに出されている。 価格は約15万ドル(約1782万円)。 この車は、実際に番組でアップなどの撮影に使われた4台のうちの1台で、主演のデヴィッド・ハッセルホフが乗り降りしたシーンなどにも登場した車らしい。 ただし、改造車のため、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タクシーでのタバコは4月いっぱいでオワリになります

5月から、名古屋のタクシーは全面禁煙になります。 名古屋タクシー協会(森博一会長)は、名古屋市と周辺19市町村で営業するタクシー約8000台を5月1日から全面禁煙にすると発表した。 協会によると、政令市を含む地域で全面禁煙にするのは全国初という。 協会は、車内のたばこのにおいを嫌う客が多いことや、公共交通機関で禁煙…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

妻への贈り物を税関で差し止められ・・・

せっかく、愛妻にプレゼントをしようとした男性。  税関にゴネられ・・・。  セルビア人の男性が『国際女性の日』に妻へプレゼントしようとして、車を輸入した。 しかし税関の官僚的な対応で差し押さえられたために激怒。 保管所に行き、金属のバーでその車をたたき壊してしまった。 ササ・ジュニシジェビッチ氏は昨年、自動二輪…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

半世紀ぶりにひき逃げ犯が名乗り出て遺族は事件解決に驚く

アメリカで、50年以上も昔に起きたひき逃げ事故が、今になってようやく解決されることになった。 事件は未解決になっていたが、事故を起こした当事者は、長年良心の呵責にさいなまれていた。 犯人は当時24歳だった。 あまりにも遅すぎた告白だが、犠牲者の関係者は、半世紀ぶりの事件解決に、ただ驚いている。 (ベリタ通信=江口惇)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年から運転免許証もICチップ付きに

最近はICチップがクレジットカードばかりでなはく、スイカ(JR東日本の乗車カード)とか、いろんなものについているけど、ついに自動車の運転免許証までつくようです。 警察庁は12月28日、東京、茨城、埼玉、兵庫、島根の5都県の警察で2007年1月4日の発行分から、運転免許証をIC(集積回路)チップを埋め込んだものに切り替えると発表…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

警官の目前でもビール飲み続けた飲酒運転男

ある意味、かなり堂々とした飲酒運転で、飲酒運転を極めた男のようです。  アメリカ・ニューハンプシャー州マンチェスターの警察は25日、飲酒運転を制止した警官の前でなお酒を飲み続けるという、悪質きわまりない酔いどれドライバーをタイホした。 今回が飲酒運転での4回目の逮捕となるパトリック・アラン容疑者(35)は25日夜、ほかの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

失うものは大きい ~検証!飲酒運転の裏側~

警察御用達(?)のポリスチャンネルが、飲酒運転についての番組を配信している。 ポリスチャンネルは20日、新番組「失うものは大きい ~検証!飲酒運転の裏側~」の配信を開始した。 新番組「失うものは大きい ~検証!飲酒運転の裏側~」(28分04秒)では、 飲酒運転による悲惨な交通事故が、なぜ後を絶たないのか?  加害者は…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

いたずらはほどほどに

いたずらも、度を過ぎるととんでもないことに・・・。  アメリカの若者がよくするいたずらが、高校などに停車している級友の車に、トイレットペーパーを巻きつけること。 週末の閑静な住宅街では、寝静まったころに民家の庭先にある植樹にトイレットペーパーを巻き、逃げ出す不心得者も多い。 こうしたいたずらは、むしろ人畜無害だが、銃の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ウソのようなホントの話し

まるで、映画かドラマのような出来事を2本。 AP通信によると、米ワシントン州シアトルで、2階の高さから落下した暴走車の運転手が、マンガのような奇跡で一命を取りとめるという出来事が起きた。 目撃者によると、27日にセネカ通りの下り坂を、乗用車が赤信号を無視し猛スピードで駆け下った。 車はクラクションを鳴らしまくっていたと…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ハロウィンの仮装だったのに・・・

昨日(10月31日)はハロウィンで、日本でも子どもたちがいろんな仮装をしていましたが、その仮装がドイツではちょっとした事件になってしまいました。 ドイツの小さな町で、市民ふたりが銀行の正面に濃色ガラス窓の「怪しげな車」が停まっているのを疑わしく思い、警察に通報した。 覆面強盗かと思われたが、その正体はハロウィンの仮装をし…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

カーナビを信じたばかりに

カーナビは、知らない道を案内してくれる便利なもの。  だが、その案内に従ったばかりにとんでもないことになった人たちがドイツにいました。 「右折してください!」 そうカーナビが車で走行中に指示したので、その通りにすぐにハンドルを切ったドイツ人男性が、付近にあったトイレに衝突するという事故がドイツ発生した。 本当に曲がらな…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ギアが故障した自動車でハイウェイを逆走!

オーストラリアのハイウェイを500キロに渡って車でバック走行しようとした男性が危険運転の罪で起訴された。 地元メディアが6日(金)に報じた。 10月5日(木)、オーストラリア西部にある「グレート・イースタン・ハイウェイ」を時速50kmでバック走行する車を警察が発見。 停車させたところ、この車を運転していた23歳のオーストラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3歳児がネットオークションで車を落札

車が大好きな英国の3歳坊やが、インターネット・オークションで本物の車1台を約1万6000ドル(約187万円)で落札し、話題になっている。 英国東部スリーフォード在住のレイチェル・ニールさんが25日に、英BBC放送に語ったところによると、息子のジャック君がレイチェルさんのパソコンを使って、ネット競売最大手のイーベイで、バービー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

飲酒運転で「免職は死刑に等しい」と静岡県知事

静岡県の石川嘉延(いしかわ よしのぶ)知事は25日の定例会見で、飲酒運転の公務員の免職処分について 「日本の雇用慣行からすると、免職はその人の職業生活上、死刑判決に等しい」 と述べ、画一的な厳罰化の動きに疑問を示した。 この発言に、県議会の一部は批判を強めている。 知事は定例記者会見で 「刑法でも罪状と結果に相応した罰則を科…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

タクシーで産気づいたら引きずり降ろされて

今月初め、中国の重慶で、女性が路上で出産するはめになった。 たった300メートルしか離れていない病院に行くのに、10台以上のタクシーが全て乗車拒否したためだ。 北京新報が13日、報じた。 ワンさんとだけ明らかになっている女性と夫は、当初、タクシーで病院に向かっていた。 ところが、ワンさんが産気づき、うめき始めると、信…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

飲酒運転を減らすには

最近、飲酒運転が問題になっているが、オランダに飲酒運転の怖さを知るには 「実際に酔って車を運転させるに限る」 と主張、10年ほど前から実践している科学者がいる。 フローニンゲン大学のカレル・ブルクフイス教授で、済んでいるエンメンの街に特別の実験コースをつくり、そこで法定限度まで酒を飲ませて、スラローム、駐車、緊急停車などのテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目の保養をした後は・・・

ロシア連邦の首都・モスクワを流れるモスクワ川にはバラシシ・ビーチという人工ビーチがある。  先日、そのビーチに若いおね~ちゃんが3人登場、服を脱いで川に入りお互いの身体を洗いっこし始めた。 近くを車で通りかかった男たちは、突然の無料ストリップに、我も我もと車を止めて彼女たちを見に行った。 でも、「ただより高いも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追跡中、事故った警官を助けに来たのは

8月2日(水)の夕方、米国モンタナ州のハイウェーパトロール警官、フランク・ノワコウスキさんが、そろそろシフトも終わりだして上がろうか……と思ってたところ、走っていた州間高速15号線(I-15)の反対車線を時速150キロで暴走する車を発見した。 すぐさま追跡を開始したが、追いつくために時速190キロまで急加速したため後輪が…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

後方確認を怠ったばかりに・・・

ちょっと後方の安全確認を怠ったばかりに、死亡事故を引き起こしてしまった自動車の運転手。 同情の余地は全くないね。 7月3日午前7時半ごろ、東京都葛飾区青戸7丁目の国道6号で、渋滞のため停車中のトラックの運転手が開けたドアに、後ろから走ってきた千葉県松戸市の左官業、小川夏樹さん(27)のバイクが追突。 その後、別の車2台にも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more